皆様からのご意見・ご要望を募集中!
サイトの品質向上のため、アンケートにご協力をお願いします。
(所要時間:3分程度)

アンケートに答える

後で回答する

回答しない

TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第56回「ナノテクノロジーと磁石」の巻

ボンド磁石のニューフェイス

3500年前の輝きを保つステンレス(不銹)の銅剣

忍者刀は反りのない直刀です。直刀ならばとっさのときも抜きやすく、また塀を登るときに踏み台がわりにするなど、何かと応用がきいたからです。とはいえ直刀は忍者の発明ではありません。反りのある日本刀が登場するのは平安時代以降のことで、奈良時代の刀はすべて直刀でした。また、それ以前には刀ではなく鉄剣や銅剣が用いられました。

中国では紀元前1500年ごろの殷(商)の時代に、高度な青銅器文化が発達しました。その技術は今日でも模倣できないものがあるほどです。 1965年には臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の故事で知られる春秋時代の越王・勾践(こうせん)の剣が出土して話題となりました。驚くべきことに、この剣は3500年の時を経ていたにもかかわらず、一点の錆びもなく光り輝き、紙を裁断できるほどの切れ味を保っていたといわれます。

通常の青銅器は緑青(ろくしょう)と呼ばれる青色の錆に覆われています。越王・勾践の剣に錆が生じなかったのはなぜでしょう?X線回折法によって表面分析したところ、興味深い事実が明らかになりました。越王・勾践の剣には、表面を硫化銅の皮膜で覆うという特殊処理がなされていたのです。

鉄は湿気や塩分などにより錆が生じますが、ニッケルやクロムはなかなか錆びません。これはニッケルやクロムの表面には、薄い酸化皮膜ができて内部が保護されるからです。このような状態を不働態といいます。越王・勾践の剣の表面も不働態として加工されたので、ステンレス(不銹)の銅剣として、製造時の輝きと切れ味を失わなかったのです。

いわば錆をもって錆を制するのが不働態。ステンレススチールは、鉄にクロムやニッケルを混ぜ、表面を不働態とした合金です。

直刀ならば抜きやすく、塀を登るときに踏み台がわりにするなど、何かと応用がきいた


(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。