TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第194回 「テレビ放送塔」スカイツリーと光回線テレビ
テクの雑学

第194回 「テレビ放送塔」スカイツリーと光回線テレビ

 2012年5月22日に開業した東京スカイツリータウンは、新しい東京の観光スポットとしてすっかり定着した感があります。しかし、東京スカイツリー自体は、まだ本来の目的である「テレビ放送塔」としての役割を十分には果たしていません。11月時点でスカイツリーを利用しているのは、NHK東京FM(82.5MHz)などのFMラジオ放送、VICSのFM文字多重放送、タクシー無線、携帯端末向けマルチメディア放送(モバキャス)の「NOTTV」などで、地上デジタルテレビ放送を行っているのはTOKYO MX(東京タワーと併用)のみ。その他の在京テレビ局がスカイツリーからテレビ放送波を送信するのは、2013年5月ごろをメドとしています。

スカイツリー建造の目的とは
 もともとスカイツリーは、都心部に増加した高さ200m級のビルによる各種電波の受信障害対策を目的に建造されたもので、放送アンテナは地上約600mに設置されています。これによって、より広範囲に良好な受信環境を実現するとともに、ワンセグ放送の受信エリアが拡大するといったメリットも得られます。しかし、電波を発信する場所が変わることで、今までとは異なる地域や場所で受信障害が起こる可能性があります。そのため、2012年12月22日から2013年1月下旬までの間、毎週土曜日の午前4時58分〜5時にスカイツリーからの試験放送を行うことになりました。この試験放送波が正常に受信できない場合は、「東京スカイツリー受信相談コールセンター(ナビダイヤル 0570-015-150)」に相談すると、無料訪問調査や放送局負担でのアンテナ交換といった対策が受けられます。

 とはいえ、現在、テレビ放送は自前でアンテナを設置しなくても視聴できます。もっとも一般的なのは、各地域のケーブルテレビサービスを利用することですが、サービス提供エリアから外れていた場合でも、インターネット接続に光回線を利用できるなら、それを使ったテレビ視聴サービスが利用できます。今回はその代表的なものとして、NTT東日本が提供している「フレッツ・テレビ」サービスと、NTTぷららが提供している「ひかりTV」サービスをとりあげてみたいと思います。

「共同受信アンテナ」で難視聴対策

ケーブルテレビって、再送信するサービス?
 ケーブルテレビとは、「運営側の設備から契約者までの間をなんらかの『線』で接続し、それを使ってテレビ放送波を『再送信』するサービス」と定義できます。古くから普及していた有線ラジオ放送のテレビ版と考えればいいでしょう。

 もともとはテレビ放送波が受信しにくい「難視聴地域」への対策として考案されたサービスですが、そのための設備を利用してBS、CSなど衛星放送の再送信サービスや、通販番組など独自コンテンツの送信も行っているのが一般的です。ちなみに、ケーブルテレビサービスを「CATV」と呼ぶことがありますが、このCAは本来Common(もしくはCommunity)Antennaの略、つまり「共同受信テレビ」の意味です。もともとは難視聴地域で共同受信アンテナを設置し、そこから各加盟者までの間を信号伝播用ケーブルでつないでいました。集合住宅などでは、各部屋ごとに受信用アンテナを設置することが困難なため、共同受信アンテナを使うことが一般化していますが、そのアンテナからテレビ受像機までの間が広範になったものがCATVの原型です。そしてケーブルテレビ局は、そのアンテナから配線までを代行して行うサービスであることから、慣習的にCATVと呼ばれ続けているわけです。

 難視聴地域という言葉から連想するのは、放送塔から遠く離れた山間地などですが、市街地でも高層ビルや送電線、線路(架線)などの影響でテレビ放送波がうまく受信できない地域が意外なほど多くあります。アンテナ調整や、テレビ放送波の信号を増幅する機材(ブースター)の追加といった対策で改善される場合もありますが、どうしてもうまく受信できない場合、放送波を正常に受信できる場所から難視聴地域まで、なんらかの手段で信号を送ることでテレビを視聴できるようにするわけです。

 さて、日本でインターネット接続が普及し始めた頃、ケーブルテレビ局でもインターネット接続サービスを提供するところが現れました。最初にサービスを始めたのは東京の武蔵野三鷹ケーブルテレビで、時期は1996年10月と、世間はまだダイヤルアップ接続が主流だった当時です。インターネット接続は、ISPの施設と契約者の間に信号を送受信できる「線」があれば可能となるので、既存のケーブルを利用できるケーブルテレビが、そこに目を付けるのはある意味で当然のことでした。ほぼ同時期に、ガス会社や電力会社などいわゆるライフライン系の企業も独自のインターネット接続サービスの提供に乗り出しましたが、これらも独自に張り巡らせていた設備管理用の回線網を利用して、新たなビジネス分野に乗り出したという意味では、ケーブルテレビと同じような経緯であったといえます。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。