TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第190回 クラウドコンピューティングで、スマートフォンやタブレットPCなどをもっと快適に!
テクの雑学

第190回 クラウドコンピューティングで、スマートフォンやタブレットPCなどをもっと快適に!

 日経BPコンサルティング社が7月25日に発表したリリースによると、2012年6月に行った調査の結果、調査期間中の日本国内でのスマートフォン普及率は約18.0%と推定され、前年同時期の9.5%に比べてほぼ倍増した、との結果が報告されました。この数値は、筆者が普段、移動中の街中や交通機関の中、携帯電話の販売拠点などで観察している印象ともほぼ合致しています。このままのペースで増えて行くと、2013年末ごろには普及率50%を超えるのではないでしょうか。

参考情報
「携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2012」より スマートフォンの国内普及率は18.0%、1年でほぼ倍増(出典:日経BPコンサルティング)

 さて、スマートフォンやタブレットPCの普及が進むにつれて、「クラウドコンピューティング」系サービスの充実が期待されています。そこで今回は、スマートフォンやタブレットPCを使う上で、役立つクラウドサービス2種類の特徴点をまとめてみましょう。なお、クラウドコンピューティングそのものについては、2009年7月にも「テクの雑学」で取り上げていますので、そちらもぜひご参考いただければと思います。

参考情報
テクの雑学>第121回 雲の向こうとつながるインターネット〜身近なクラウドコンピューティング〜

クラウドといっても意外と身近にある

 「クラウドコンピューティング」を定義することは難しく、また、その名で呼ばれるようになる前から同様のサービスが提供されていた例は少なくありません。クラウドコンピューティングを構成する基盤技術としては、複数台のコンピュータを束ねて扱う「グリッドコンピューティング」や、一つの処理を複数のコンピュータに振り分けて同時進行させる「分散処理」による処理能力の高度化と、1台のサーバー(コンピュータ)やネットワーク機器を、あたかも複数が存在するように振舞わせる「仮想化」、アプリケーションソフトウエアをネットワーク上で提供するSaaS(Software as a Service)などによるサービスの多様化があげられます。ただし、これらはずっと以前から実用化されてきた技術です。ことさらに「クラウドコンピューティング」と呼ぶのは、それらの技術の普及によって提供可能となった各種のサービスの革新性を印象付けるための、いわゆる「バズワード」にすぎない、との見解もあります。

 そもそも「クラウド」の語源自体が、インターネット全体の構成を図示する際、ISP(Internet Services Provider)から先のインフラ全体を雲の形で示す慣習に由来していることも有名な事実です。実質的には、古くからある「ネットワークコンピューティング」という言葉を置き換えつつ、新たな技術分野をも統合し、より包括的な概念を示すための言葉がクラウドコンピューティングだと考えていいでしょう。

 クラウドコンピューティングのメリットは、サービス提供側を中心に語られることが多いものです。具体的にはサーバーの導入ならびに運営コストが安上がりで済む、サーバーの多重化・冗長化による運用の安定性と信頼性の向上、システムのスケーラビリティ(必要に応じてシステムの機能と性能を最適化すること)の柔軟性向上などがあげられます。また、本シリーズ第121回でも取り上げましたが、大規模サーバー環境を構築している企業が、その上で実行可能な各種のサービスを提供する「クラウドサービスプロバイダ」による、高機能なWebホスティングサービスも普及しています。

 その代表が、Amazonが提供するWeb環境構築サービス「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)に代表されるIaaS(Infrastructure as a Service)や、Googleが提供する「Google Cloud Platform」などの各種サービス提供用プラットフォームPaaS(Platform as a Service)です。クラウドを構成するサーバー全体が持つ非常に強大なリソースを、その時々の要求に応じて個々のサービスに対して柔軟に割り当てながら運用することで、さまざまなメリットをもたらすことが特徴です。サービス利用側にとっては、サーバー運用の基礎部分をアウトソーシングできる、ピーク時に要求される処理能力に対する初期導入費用が安上がりで済むといったメリットがあります。

 ここまでは、いわば「雲の上」の話ですが、では、「雲の下」にいるユーザーにとって、クラウドコンピューティングはそれ以前のサービスとどのように違い、どのようなメリットがあるのでしょうか? 「プライベートクラウド」などと呼ばれる個人ユーザー向けサービスのうち、「オンラインストレージサービス(以下、オンラインストレージ)」に分類されるものの代表であるDropboxとEvernoteを例に、クラウド化によるメリットを考えてみましょう。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。