TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第188回 プラグイン・ハイブリッドと進化する電気自動車 〜HEVの元祖、レンジエクステンダー〜
テクの雑学

第188回 プラグイン・ハイブリッドと進化する電気自動車
〜HEVの元祖、レンジエクステンダー〜

 ハイブリッド自動車のセールスが好調です。特に昨年の後半には、トヨタ自動車の「アクア」や本田技研工業の「フィット・シャトル・ハイブリッド」「フリード・ハイブリッド」など、手ごろな価格帯のコンパクトクラスにハイブリッド自動車の投入が重なったこともあってか、すでに乗用車市場の10%程度をハイブリッド自動車が占めている、という見解もあります。

 そんなハイブリッド自動車にとって、今後の重要な課題の一つとなっているのが、プラグイン・ハイブリッド(以下、Plug-in Hybrid Electric Vehicle=PHEVと略)化と、エクステンデッド・レンジEV(以下、Extended Range Electric Vehicle=EREVと略)化への展望です。今回は、このふたつの新しいハイブリッド自動車について取り上げてみましょう。

いろいろなEVとその課題

 PHEVは、簡単に言うと従来のハイブリッド自動車より走行用バッテリの容量を増やし、さらに一般的なコンセントから走行用バッテリへの充電を可能にすることで、純粋な電気自動車(Battery Electric Vehicle=BEV)と従来型HEVの「いいとこどり」を目指したものです。BEVは、さまざまなエネルギーソースから作り出せる電気を使って走行でき、排気ガスなどの有害物質も出さないという、素晴らしい利点を持っています。ただし、走行用バッテリに蓄えておける電力には限りがあり、それを使い切ってしまうと自走できなくなってしまうのが最大の難点です。

 「エネルギー源」を使い果たすと自走できなくなるのは通常のエンジン自動車でも同じですが、エンジン自動車用のエネルギー補給施設、つまり、ガソリンスタンドは広く普及しており、また燃料を満タンまで補給するのに要する時間もせいぜい10分程度で済みます。対してBEVの場合、コンセントそのものはいたるところにあるものの、屋外でEVに充電するための設備はまだまだ普及しているとは言えません。また、充電には長い時間がかかります。走行用バッテリの容量にもよりますが、通常は「電欠」寸前の状態から満充電までに6〜8時間程度、急速充電器を使っても1時間程度かかってしまいます。さらに言うと、急速充電器はあくまで非常用のものと考えるべきであって、常に急速充電器で充電していると、バッテリの寿命に大きな影響を与えかねません。

自家用車にはもってこいのBEV

 BEVはもともと、深夜帯などの余剰電力を有効活用することを前提に普及の構想が練られてきたもので、「昼間、せいぜい60km程度の距離を走行し、夜から朝にかけて駐車場で充電する」という使用サイクルを想定しています。具体的には、通勤や限定された地域内への配送業務、といった用途です。一回の充電あたりの航続距離は、搭載するバッテリの容量を増やせばいくらでも伸ばせますが、追加したバッテリ自体の重さによって「電費」がどんどん悪化するというジレンマがあるため、現在、実用化されているBEVでは、実走行でおおむね80〜100km程度を走れる分のバッテリを搭載するに留めています。

 このような使われ方に限るなら、BEVはまさに「最適」なクルマと言えるのですが、問題は「自家用車」として使われる場合です。一家に一台のクルマがBEVだった場合、週末にレジャーに出かけるにしても、出先は航続距離の範囲に限られることになってしまいますし、「この先に面白そうな施設があるようだから、ちょっと立ち寄ってみよう」といった行動も取りにくくなってしまいます。お盆や年末年始の帰省も、距離によっては現実的に不可能になるでしょう。せっかくの自家用車で、そのような行動の制限が課せられてしまっては面白くありませんよね。

 
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。