TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第177回 「つながるスマートフォン」実現の切り札、オフロードって何?
テクの雑学

第177回 「つながるスマートフォン」実現の切り札、オフロードって何?

 急速に普及が進むスマートフォン。電車の中でも、ケータイをタッチパネルで操作している人が増えてきています。しかし、スマートフォンが増えることで、携帯電話会社が頭を悩ませているのが、データ通信量の増大による通信速度の低下。その解決のためのキーワードが「オフロード」です。

増えるスマートフォンで近づくネットワークの限界
 スマートフォンの普及が加速しています。特に普及率の高い東京近辺では、販売される携帯電話の6割以上がすでにスマートフォンになっているというデータもあります(参考情報:WirelessWire News 2011年8月24日付)。

 携帯電話会社各社もスマートフォンに力を入れています。先日発表された新モデルの発表会では、各社ともスマートフォンのバリエーションを増やし、大々的に宣伝していました。

 スマートフォンはそのままインターネットに接続でき、ウェブや動画を楽しんだり、さまざまなサービスを利用できるのが大きな特徴です。そのため、一台あたりのデータ通信量は、従来の携帯電話の20倍程度になります。つまり、スマートフォンの普及にともなって、携帯電話会社が現在用意している通信用のネットワークが限界に近づきつつあります。

データ通信量が増えすぎると起こること
 データ通信量が増えすぎると起こる現象を、もう少し詳しく見てみましょう。

 現在日本で普及している携帯電話の通信方式は3G、あるいは3.5Gと呼ばれている方式(以下、まとめて「3G」と呼びます)で、音声通話もデータ通信も同じ周波数帯域を使っています。一つの基地局が単位時間あたりに送受信できるデータの量は一定です。つまり、接続しているユーザーが増えたり、データ通信量が増えると、ユーザー一人あたりの速度が低下します。


 たとえば、携帯電話のカタログなどに、通信速度が「7.2Mbps」などと書いてありますが、実際にそんな速さで通信できることはありません。通信速度には電波の状況なども影響しますが、ネットワーク全体のデータ通信量が多すぎることも、速度が出ない理由の一つです。

 さらに通信量が増えすぎると、基地局に接続されていてもデータが流れなかったり、さらにひどくなると、音声通話が切れてしまったり、SMS(ショートメッセージサービス)が届かないなどの障害も発生します。

 携帯電話会社では、解決のために、基地局一つあたりのエリアを狭くして高密度化するマイクロセル化などの対策をしてきましたが、それでも追いつかなくなってきているのが現状です。

参考情報
第149回 小さく分けると使いやすい? —【小さな基地局】フェムトセルとは—|テクの雑学|TDK Techno Magazine



前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。