TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第172回 コンパクトで高画質なレンズ交換式デジタルカメラ! 〜ミラーレス一眼について知る〜
テクの雑学

第172回 コンパクトで高画質なレンズ交換式デジタルカメラ!
〜ミラーレス一眼について知る〜

 デジタルカメラ市場に変化が起こっています。従来は「一眼レフ」と「コンパクト型」で棲み分けていたデジタルカメラ市場ですが、ここ数年の間に登場した第三の勢力「ミラーレス一眼」型がシェアを伸ばしているのです。調査会社などの発表によると、2011年上半期の「レンズ交換式カメラ」のうち、約30%程度をミラーレス一眼が占めているようです。

 家電量販店などのデジタルカメラ売り場を覗いてみても、ソニーの「α NEX」シリーズ、パナソニックの「LUMIX DMC-G」シリーズ、オリンパスの「PEN」シリーズ、ペンタックスの「Q」といったミラーレス一眼製品を前面に押し出した展示が目立ち、お客さんの興味もそちらに向いている印象があります。今回は、そんなミラーレス一眼の構造について説明したいと思います。

そもそもカメラのルーツとは
 ミラーレス一眼は、その名の通りにミラーレス=鏡を持たない構造の一眼カメラを指す言葉です。では、なぜカメラの中に鏡が入っていて、それがないと何が起こるのでしょうか。
 今日的な「カメラ」のルーツは、1839年にフランスで市販された「ジルー・ダゲレオタイプ」に求めることができます。ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが発明した「銀板写真」技術をもとに、ダゲールの義理の兄弟であるアルフォンソ・ジルーが開発した撮影器具がジルー・ダゲレオタイプです。レンズは固定式で、撮影しようとする像のピント調整は、入れ子構造になっているボディの後部箱部分を前後に動かし、後端部の「ピントグラス」に写る像で確認しながら行っていました。

二眼レフカメラの構造(断面図)

 この構造を改め、いわゆる「光学式ファインダー」を初めて搭載したカメラは、1886年にドイツのルドルフ・クリューゲナーが考案した「シンプレックス・マガジンカメラ」とされています。撮影用レンズに加えてもう一本のレンズを備え、レフレックスミラー(反射鏡)によって撮影しようとする像の範囲をカメラ上部に設けたピントグラス部分に投影、明確な像を確認しながら撮影ができるようにしたものです。その後、構造面に改良を加えて小型化した「ローライフレックス」が1929年に登場し、これが今日でも中判以上のカメラで用いられている「二眼レフ」のルーツとなりました。「二眼」はレンズが2本あること、「レフ」はレフレックスミラーを備えていることを指しているわけです。

一つで二つのレンズ機能
一眼レフカメラの構造(断面図)

 これに対して、1本のレンズが撮影用とファインダーへの撮像用を兼ねる構造のものを「一眼レフ」カメラと呼んでいます。その原型は、1861年にイギリスのトーマス・サットンが考案したとされていますが、実用的な形としたのは、1885年にアメリカのカルビン・レイ・スミスが考案した「パテント・モノキュラー・デュプレックス」とされています。レンズが1本で済むので、ボディの小型化、軽量化の面で有利であり、後にロールフィルムや35ミリフィルムが開発されたことで、さらに小型化が進みます。
 そして、レフレックスミラーが撮影後すぐに元の位置に戻る「クイックリターンミラー」、鏡像=左右逆像だったファインダーの像を正像にする「ペンタプリズム」の採用によって、私たちが慣れ親しんでいる一眼レフカメラの基本構造が固まることになります。諸説あるところですが、このような一眼カメラの構造のルーツは、1949年に東ドイツ(当時)のツァイス・イコン社が発売した「コンタックスS」とする見解が主流となっています。

 余談ですが、フィルムカメラにも「ミラーレス」構造のものは存在していました。コンパクトカメラなどでは、小型化やコストの都合から、レフレックスミラーによる光学ファインダーを使わず、レンズから独立したファインダーを備えるものが主流となっていたのです。そのため、ファインダー越しに撮影したはずの光景と実際に撮影した像にズレが生じる「パララックス(視差)」という現象が付き物でした。
 その対策として、視野率(ファインダーに映る範囲と、実際に記録される範囲の比率)を小さめにしておき、被写体が切れてしまうことを避けるといった手法が使われていましたが、近くにあるものを撮影する際にはどうしてもズレが生じがちだったものです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。