TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第170回 スマートフォンが無線ルーターに変身! 〜テザリング機能〜
テクの雑学

第170回 スマートフォンが無線ルーターに変身!〜テザリング機能〜

 スマートフォンの売り上げが好調です。全国の量販店のPOSデータを集計した実売データベース「BCNランキング」によると、2011年6月に販売された携帯電話のうち、スマートフォンの占める割合が52.6%に達し、東京圏に限れば63.2%に至っています。この流れが今後も続くことは想像に難くありません。そこで注目しておきたいのが、「テザリング」と呼ばれる機能です。

 テザリングとは、「スマートフォンをインターネット接続用無線ルーターとして使う」機能です。2011年春モデルまで、携帯電話のキャリアが正式にテザリングを可能としていた機種はごくわずかでしたが、NTTドコモが2011年夏モデルとして発表したスマートフォン7機種に正式採用したことから、今後は標準的な機能になると予想されます。具体的な説明に入る前に、まずは現状のスマートフォンが備える「通信」機能についてまとめてみましょう。

スマートフォンが持つさまざまな通信規格

 スマートフォンの特徴の一つに、多彩な通信規格に対応していることがあります。まずは当然ながら、携帯電話の基本機能である「移動体データ通信」規格に対応しています。現在、スマートフォンも含めて日本国内で販売されている携帯電話の通信システムは、無線通信と電気通信の国際的な標準化を促進する機関ITU(International Telecommunication Union:国際電気通信連合)によって策定された「IMT-2000(International Mobile Telecommunication 2000)」 規格、通称で3G(3rd Generation:第3世代移動通信システム)と呼ばれる規格に準拠したものです。3G規格の地上通信用システムにはいくつかの種類があり、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルはその中の「IMT-DS(別名W-CDMA)」、auは「IMT-MU(別名CDMA2000 1x)」を使っています。さらに、海外ではまだ2Gと呼ばれる旧世代の規格が主流の地域もあるため、多くの携帯電話は海外使用時のために「GSM」方式の通信にも対応しています。

 また、ほとんどの機種が「3.5G」などと呼ばれる3Gの高速データ通信規格にも対応しています。NTTドコモが「FOMAハイスピード」、ソフトバンクモバイルが「3Gハイスピード」と呼んでいるのは、IMT-DSの規格に含まれる「HSDPA(High-Speed Downlink Packet Access)」で、ソフトバンクモバイルはより高速な送受信が可能なDC-HSDPA(Dual Cell High Speed Downlink Packet Access)規格による「ULTRA SPEED」サービスも展開しています。auの「WIN HIGH SPEED」は、IMT-MUに含まれる「CDMA2000 1x EV-DO(Evolution Data Only/Optimized Rev.A)」と呼ばれる規格の拡張版です。3.5G高速通信の仕組みについては以前に取り上げているので、詳細はそちらをご参照ください。

参考リンク
テクの雑学 第83回 「逆転の発想で高速化!−携帯電話3.5G方式『HSDPA』の仕組み−」

 次にあげられるのが「Bluetooth」用の通信機能です。Bluetoothは近くにあるデジタル機器間でワイヤレス接続を行うための短距離無線通信技術で、IEEE(Institute of Electrical and Electronic Engineers:電気電子学会)によって「IEEE 802.15.1」として標準化されています。代表的な用途は、パソコンやスマートフォンにワイヤレスキーボードやヘッドセットなどの周辺機器を接続するケースです。

 ここまでは、従来型の携帯電話でも対応しているものが珍しくありませんでしたが、スマートフォンの場合、ほぼすべての機種がWi-Fi(Wireless Fidelity)にも対応していることが大きな特徴の一つです。Wi-Fiはいわゆる「無線LAN」のことで、コンピュータネットワークのLAN(Local Area Network:構内/狭域通信網)分野を無線通信化する技術ですが、関連機器メーカーなどで組織する業界団体Wi-Fi Allianceが相互接続性の認定に使う「Wi-Fi」という言葉が、関連技術に関する愛称として使われるようになっています。ちなみに、IEEEでは「IEEE 802.11」シリーズとして策定しています。
 Wi-Fiに対応したことで、スマートフォンは広範な場所で使える3G回線によるインターネット接続と平行して、Wi-Fi接続が可能な場所ではブロードバンド回線を利用しての高速通信も可能としているのです。

 また、auが扱っているスマートフォンの一部機種は「モバイルWiMAX(Worldwide interoperability for Microwave Access)」にも対応しています。WiMAXは、LANより広範囲かつ高速での通信を実現するコンピュータネットワーク技術の概念MAN(Metropolitan Area Network:都市規模通信網)を無線通信で実現するための技術で、IEEEでは固定用のものを「IEEE802.16-2004」、移動体通信用を「IEEE 802.16e」として策定しています。WiMAXについては以前に取り上げているので、詳細はそちらをご参照いただければと思います。

参考リンク
テクの雑学 第78回 「より高速かつ広域な通信網の実現に向けて−WiMAXの可能性−」

 これら多数の無線通信技術を扱えることで、スマートフォンは従来の携帯電話では不可能だった使い方が可能となりました。たとえば、Bluetooth対応キーボードを持ち歩けば、メールや各種SNSサービス、ブログ更新などの入力が素早くスムーズに行えます。また、自宅や仕事場などにWi-Fi対応の高速インターネット接続環境があれば、それを利用して3G回線より大幅に高速なインターネット利用が可能になります。WiMAX対応機種なら、Wi-Fiに頼らない無線高速アクセスも可能となります。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。