TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第169回 地デジ化に乗り遅れたあなたのテレビを生き返らせる!〜アナログテレビで地デジを見る方法〜
テクの雑学

第169回 地デジ化に乗り遅れたあなたのテレビを生き返らせる!
〜アナログテレビで地デジを見る方法〜

 2011年7月24日正午、いよいよ地上アナログ放送の電波が止まります。実施予定が1年延期された東日本大震災の被災地である岩手県・宮城県・福島県以外の地域では、地デジ非対応のテレビではテレビ放送電波を受信できなくなります。

 しかし、上記3県以外の44都道府県で、6月末時点でも29万世帯が地デジに未対応であるという調査結果を総務省とNHKが発表しています。また、地デジ対応済みといっていてもリビングのテレビだけが対応しており、寝室や子供部屋までは未対応という世帯も多く、地デジに対応していないテレビはもっと多いと推測されます。

 これらのアナログテレビは、7月24日で本当に使えなくなってしまうのでしょうか?今回のテクの雑学では、「アナログテレビでも地デジを見る方法」をご紹介します。

「地デジ化」で何が変わるの?
 地上デジタル放送と従来のアナログテレビ放送では、二つの点が異なります。一つは、信号波がアナログからデジタルに変わっていること、もう一つは周波数が異なることです。周波数は、従来多くの局で使用していたVHF帯(1〜12チャンネル)から、UHF帯(13〜62チャンネル)に変更になります。

 したがって、地デジに対応するためには、対応テレビへの買い換えと、アンテナの調整が必要になります。アンテナは、従来VHF帯の電波を受信していた地域では買い換えが必要になります。また、従来UHF帯の電波を受信していた地域でも、向きや感度の調整が必要になる場合もあります。


 ところで、「地デジになると周波数が変わって13〜62チャンネルになる」と聞いて、おやっと思われた方もいるのではないでしょうか。すでに、地デジに対応しているテレビでも、普段テレビを見るときはリモコンで1〜12までの番号を指定しています。これは、テレビの操作用に、テレビ側で地デジの電波の周波数を表す「物理チャンネル」を「リモコン番号」に対応させる変換を行っているのです。

 物理チャンネルとは、周波数帯ごとに決められた番号です。たとえば、NHK総合(東京)の場合、放送に使用している電波の周波数は、557MHzを中心として5.6MHz幅ですが、これに対応する物理チャンネルは「27」となります。

 一方のリモコン番号は、テレビ側で受信するチャンネルを指定する番号です。東京で、リモコンで「1」を指定するとNHK総合テレビを見られるのは、テレビの設定でリモコン番号「1」を指定したときに、物理チャンネル「27」の電波を受信するようにあらかじめ設定されているからです。

 リモコン番号に1〜12を使っているのは、アナログテレビで多くの局がVHS帯の周波数を使っており、従来のテレビのリモコンも1〜12のチャンネルボタンがついているのが標準だったのが理由です。リモコン番号と物理チャンネルの対応は、おおむね都道府県ごとに決まっています。地デジ対応テレビを設置するときに住所を指定しなくてはいけないのは、そのためなのです。


 なお、この表ではリモコン番号「3」に複数の局が割り当てられていますが、これらは住所によってそれぞれ対応する県域放送局のチャンネルに対応するように調整されます。また、同じ県内でもエリアによって対応する物理チャンネルが異なる場合があります。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。