TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第167回 「待機電力」はなぜ発生するの?
テクの雑学

第167回 「待機電力」はなぜ発生するの?

 この夏、「家庭で手軽にできる節電」として推奨されているのが、使用していない電化製品が消費している「待機電力」を減らす節電です。節電のために主電源を切ろう、コンセントを抜こうといわれていますが、そもそもなぜコンセントをさしているだけで電気が消費されるのか、そして実際に、どのくらい節電できるのかを考えてみましょう。

そもそも待機電力ってどのくらい使っているの?
 待機電力の正体に迫る前に、そもそも私たちは待機電力をどのくらい使っているのか、数字で見てみましょう。少し前のデータですが、平成20年度(2008年)に財団法人省エネルギーセンターが作成した「平成20年度待機時消費電力調査報告書」によると、家庭の年間消費量4,734kWhのうち、待機電力は約6%の年間285kWhを占めています。


 電気代に換算すると年間約6,877円(※東京電力・従量電灯B料金・第三段階単価を基に試算)となりますから、ちりも積もればで結構な金額になりますね。

 最も待機電力を使っているのはガス温水機。次いで、エアコン、電話機、HDD(ハードディスクドライブ)・DVDレコーダ/DVDプレーヤなどとなっています。




なぜ待機電力が発生するの?
 待機電力が発生する理由は、大きく3つに分けることができます。

【理由1:機能を維持するため】
 使用していない時の電気機器も、たとえば時計を液晶で表示している場合は、電気が必要になります。メモリの内容を保持して、次回起動時に以前と同じ状態から動作を開始したり、あるいは予約タイマーを動かしておくといった機能を利用するためにも電気が必要になります。

【理由2:指示待ちのための待機電力】
 代表的なのが、リモコンの受信機です。リモコンでスイッチを入れると電源が入るためには、受信部分は常に電源が入っていないといけません。

【理由3:接続するだけで電気を消費する仕組み】
 後で説明しますが、携帯電話のACアダプタなどは、コンセントに接続するだけで、常時小さな電力が消費される仕組みになっています。

 では、待機電力を減らすには、どうすればよいのでしょうか。まず、一番確実に減るのは、コンセントを抜いてしまうことです。次いで、リモコンで操作するものは主電源を切る、省エネモードを活用するといった対応が有効です。


 続いて、実際に待機電力を使用している電気機器は、それぞれどのようなことに電気を使っているのでしょうか。それによって、効果的な節電方法が変わってきます。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。