TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第166回 梅雨時期の強い味方、ハイブリッド型も登場 〜進化する除湿機〜
テクの雑学

第166回 梅雨時期の強い味方、ハイブリッド型も登場 〜進化する除湿機〜

 5月27日、関東・甲信地方が梅雨入りしました。ここ10年ほどの平均と比べると、だいたい10日ほど早く梅雨入りしたことになります。そして、気になるのは梅雨の間と、その後にひかえる夏場の電力需要です。政府は、5月13日付で電力需給緊急対策本部の会合を開き、東京電力ならびに東北電力管内の企業や家庭に対して、一律15%の節電を求める呼びかけを行いました。これが達成できるか否かは、梅雨明けの時期と、その後に続く夏場の気候が大きく影響します。

 気象そのものは人類の手でコントロールできませんが、いざという時のために「備えておく」ことはできるはずです。たとえば、10年以上前に製造されたエアコンを使っている方は、ぜひ、最新の省電力型機種への買い換えを検討していただきたく思います。うまくすると、それだけで15%以上の節電が達成できるかもしれません。そして、もう一つ検討していただきたいのが、今回取り上げる「除湿機」の導入です。

節電効果だけじゃない強い味方
 梅雨時のジメジメ解消や、部屋干しする洗濯物をしっかり乾かすため、エアコンの除湿機能を使う方も多いと思います。しかし、「弱冷房除湿」では室温が低くなりすぎ、少し古いタイプの機種では「再熱除湿」にヒータを使うため消費電力が大きくなる、といった問題点がありました。最新の中級以上の機種では、そのような問題は解消されていると考えていいのですが、廉価帯製品では弱冷房除湿しかできないものも多いのです。

参考情報
テクの雑学 第146回 ますます省エネ効果を発揮するエアコンの「冷房」「除湿」の仕組み

 そんな問題を解消する上で、強い味方となってくれるのが除湿機です。空気中の水分だけを取り出し、室温はほとんど変化させないので、特に低温高湿な梅雨時を快適に過ごすためには持ってこい。湿度を抑制することで、カビの発生を抑えて健康被害を防ぐ効能もあります。また、梅雨時には洗濯物を外に干せなくて困りがちですが、除湿機を使えば室内干しでもしっかり乾いてくれます。現在、大手家電メーカーが販売する製品の多くが「除湿乾燥機」と称している理由がこれです。除湿機を使っての室内干しには、洗濯乾燥機に比べて電力消費が低減でき、洗濯乾燥機のようにドラム内で躍らせないので衣類の傷みが少なく、騒音もないので夜中の運用も可能というメリットがあります。

 夏場に入っても、外気温が30度程度までなら、除湿機だけで意外と快適に過ごせると思います。湿度が高いと、汗をかいても気化しにくくなるので余計に暑く感じがちですが、逆に湿度を50%程度に保てれば気化が促進され、気温はある程度高くても不快に感じにくいものなのです。

 そんな効能をもたらしてくれる除湿機には、空気から水分を取り出す仕組みによって、「コンプレッサ式」「デシカント式」「ハイブリッド式」の3方式があります。以下、それぞれの仕組みについて説明しましょう。

除湿機の種類と作動原理

 コンプレッサ式が除湿を行う仕組みは、基本的にエアコンと同じです。主要な構成部品は「コンプレッサ(圧縮機)」「放熱器」「冷却器」で、圧力をかけると液化する性質を持つ物質を「冷媒」として使います。コンプレッサで圧力をかけて液化した冷媒を、大きな容積を持つ冷却器内部に放出すると、冷媒は気化しながら急激に体積を増やし、その過程を通じて急激に温度を下げます。少し大げさに表現すると、体積1cm3で温度100度の液体が気化して体積を100cm3に増やしたとすると、気体の体積1cm3あたりの温度は1度にまで下がるイメージです。この「断熱膨張」効果によって冷却器の温度を下げ、周辺の空気中に含まれている水分を凝集させて回収することで、除湿を実現します。

 コンプレッサ式除湿機やエアコンの仕組みを、よく「冷たいコップの表面に水滴が付くのと同じ」とたとえますが、まさにその通り。ただし、エアコンと違って除湿機には「室外機」がなく、コンプレッサの駆動用モータと、冷媒そのものが液化する際に生じる熱は放熱器を通じて大気放出します。現行機種では、この熱を洗濯物の乾燥に利用しています。


 デシカント式の「デシカント:desiccant」は「吸湿剤(もしくは乾燥剤)」という意味です。焼き菓子や海苔などのパッケージに同梱されている「シリカゲル」のように、周囲の水分を自然に内部へ吸着していく性質を持つ物質を指します。

 デシカント式除湿機は、まず、その名の通りに空気中の水分を吸湿剤に吸わせます。次に、水分を含んだ吸湿剤をヒータで加熱し、吸湿剤が含んでいた水分を蒸発させて、再び積極的に水分を吸着できる状態に戻す……という行程を繰り返しています。現状のデシカント式除湿機は、ほぼすべてが吸湿剤に総称で「ゼオライト」と呼ばれる物質を使っています。結晶構造の中に大きな隙間を持ち、そこにさまざまな物質を吸着する性質を持つことが特徴です。この性質を利用し、ゼオライトはイオン交換材料や触媒として多くの分野で用いられ、現在、福島第一原子力発電所の事故処理で放射性物質を含む水の浄化にも活用されています。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。