TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第165回 電気の送り方で節電できる? 〜注目される超伝導直流送電〜
テクの雑学

第165回 電気の送り方で節電できる? 〜注目される超伝導直流送電〜

 電力不足が懸念されるこの夏、「省電力」への関心が高まっています。利用者による節電ではなく、電気の「送り方」を変えることで省電力ができる可能性を秘めている技術が、現在研究されている「超伝導直流送電」です。

送電中に「熱」で失われる電気
 超伝導直流送電がなぜ省電力になるのかを理解するために、電気の性質について、簡単なおさらいをしましょう。

 私たちが日常使っている電気は、「発電所」で作られて、利用者の元まで、電線を通って「送電」されています。電熱線に電流を流すと発熱する現象は日常生活でも利用されていますが、送電用の電線にも電気抵抗があるため、電流が流れると、同じように発熱します。発熱するということは、発電した電力エネルギーの一部が、熱エネルギーとなって、失われてしまうということです。したがって、ムダなく送電するためには発熱を減らさなくてはいけません。発生する熱量は、ジュールの法則に従い、電流の2乗と電気抵抗に比例します。


 つまり、発熱量を減らすには、電流を小さくするか、送電線の電気抵抗を小さくするかのいずれかが有効なことがわかります。

 さて、発電所で発電された電力と、送電線にかかる電圧・送電線を流れる電流の間には、「電力=電圧×電流」という関係があります。つまり、送電線の抵抗を変えられないのであれば、電圧を大きくするほど小さい電流で大きな電力を送ることができるのです(交流の場合には、もう少し複雑な関係式になりますが、電圧を上げるほど小さい電流でも大きな電力を伝送できるという関係は変わりません)。

 すなわち、高電圧で送電できれば、熱によるエネルギーの損失を減らすことができるのです。

「交流送電」が主流な理由
 さて、電流には直流と交流があります。現在、多くの国は交流方式による送電システムを採用していますが、19世紀にアメリカでエジソンが設立した電灯会社(エジソン電気照明会社・後のゼネラル・エレクトリック社)は、直流電源・直流送電を採用していました。

 交流電源と交流方式の送電システムを発明したのは、エジソンの会社の技術者だったニコラ・テスラです。しかし、交流方式の採用をめぐってエジソンと対立したテスラは独立。その後、エジソンのライバル会社であるウェスティングハウス社などが交流方式を採用し、やがて交流が主流になっていきました。

 単純に送電の効率だけ見ると、交流送電で発生する距離による減衰や無効電力(電流の向きの切り替わりにより生じるムダな電力)がない分、直流送電の方が効率がよくなります。にもかかわらず、交流送電が主流になった理由は、電圧を上下する変圧器の仕組みが簡単で、送電時の熱の発生を抑えやすかったからです。


 送電時には高電圧で送っても、人が使うときには電圧をある程度まで下げないと、危険なので使えません。変圧器を利用することで、電圧を自由に調整して、柔軟に送電網を簡単に構築できたので、交流送電が広まったのです。


 現在では、半導体素子の進歩により、直流変圧器の変換効率も交流変圧器と遜色ないレベルになっています。変圧器の問題さえ解決できれば、直流送電の方が効率がよいわけですから、送電網を新しく構築している新興国などでは、直流送電を採用するケースも増えています。また、日本でも、本州と北海道の間などの長距離伝送では直流送電が採用されている場合もあります。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。