TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第158回 冬場の強い味方 〜加湿器もハイブリッド〜
テクの雑学

第158回 冬場の強い味方 〜加湿器もハイブリッド〜

 寒い日が続いていますが、皆様は風邪などひいておられないでしょうか?関東地方のこの冬は降雨量が少なく、日照時間が長いことで空気も乾燥し、東京23区と多摩地域では2010年12月31日から2011年2月5日まで、一ヶ月以上にわたって、乾燥注意報が発令されました。これは現在の注意報基準が導入された1967年以降で2番目に長い記録です。また、2月7日には再び注意報が発令されています。当然というべきか、風邪やインフルエンザが流行っているようですから、こまめな手洗いとうがいに加え、室内の温度と湿度を適切に保つことも心がけていただきたく思います。そこで今回は、冬場の体調管理の強い味方、「加湿器」をテーマとしてみましょう。

なぜ、冬になると乾燥するの?
 そもそも、なぜ、冬場は空気が乾燥するのかといえば、空気が持つ「飽和水蒸気量」の性質が理由です。飽和水蒸気量とは、空気中に溶け込める水分(水蒸気)の量で、気温によって増減します。たとえば、気温30℃での飽和水蒸気量は1m3あたり30.38gなのに対し、気温0℃では4.85g/m3にまで低下します。冬場、サッシなどに起こる「結露」も、気温と飽和水蒸気量の関係に起因するものです。冷たい外気に触れているサッシ周辺は、室内の他の場所より気温が低いので、飽和水蒸気量が小さくなります。つまり、温度差によって空気中の水蒸気が飽和して液体に戻り、サッシ表面に凝集したものが結露です。ちなみに、冬の戸外で吐く息が白くなるのも、沸騰しているお湯から湯気が立つのも、同じく飽和水蒸気の結露による現象です。


 私たちは普段、空気中の水分量を「湿度」で表現しています。これは正確には「相対湿度*」と呼び、ある気温における飽和水蒸気量と、実際に空気中に含まれている水蒸気の量(重量絶対湿度=水蒸気密度)との比率を%で表したものです。例として、「気温25℃、相対湿度50%」の場合で考えてみましょう。25℃における飽和水蒸気量は23.06g/m3なので、相対湿度が50%なら、実際に空気中に溶け込んでいる水蒸気はその半分の約11.5g/m3ということになります。ところが、同じ相対湿度50%でも気温が15℃(飽和水蒸気量12.85g/m3)になると、空気中の水蒸気量は約6.4g/m3まで減ってしまいます。この絶対的な水蒸気量の差が、「冬場の乾燥」の原因となるわけです。

また、「暖房によって空気が乾燥する」理由もここにあります。例にあげた気温15℃、湿度50%の状態から、暖房によって気温を25℃まで上げたとします。しかし、なんらかの手段で加湿しない限り、空気中の水蒸気量は約6.4g/m3のままですから、相対湿度は約6.4÷23.06=約28%にまで下がってしまう計算になります。

* 相対湿度の正確な定義は「飽和水蒸気圧に対する水蒸気圧の分圧」ですが、ここでは便宜的に重量比で考えます。

 乾燥した空気中では、肌表面の水分が常に空気中に奪われていくので、乾燥肌などの原因になりがちです。また、喉や鼻腔などの粘膜は、体内へ侵入しようとするウイルスを捕獲する役割を持っていますが、乾燥するとうまく機能しなくなってしまい、防御能力が低下します。「エアコンを入れっぱなしで寝てしまって、起きたら喉が痛い」といった状態は、乾燥によって粘膜の活動が低下しているサインと考えてください。

 そして湿度が低い環境は、風邪やインフルエンザなどのウイルスの活動を活発化させます。ウイルスは単独では生命維持活動が行えず、動物の体内でしか増殖できません。宿主の体内からせきなどで放出されたウイルスは、新たな宿主に辿り着くために空気中を漂います。この時、湿度が低いとウイルス中の水分が減って軽くなるため、長時間かつ広範囲に空気中を漂えることで、新たな宿主に到達する可能性が高まるわけです。ウイルスの活動と気温、湿度の関係についてはさまざまな研究結果が発表されていますが、ほとんどの事例で、湿度50%以上の環境では12時間程度でほぼすべてが死滅するという結論が出ています。日本で夏季にインフルエンザが流行しない理由も、湿度の高さにあるわけです。

 いったん話をまとめてみましょう。ただでさえ、空気が乾燥している冬場、暖房を入れるとさらに相対湿度が低下し、ウイルスの活動が活発化しやすくなります。これを防ぐには、なんらかの手段を使って屋内の相対湿度を50%程度に保っておくことが重要です。暖房器具が石油ストーブやガスファンヒーターの場合、燃料が燃える過程で水蒸気が発生するので、気温上昇による湿度低下の度合いは小さくて済みます。とはいえ、それだけで湿度50%を維持することは難しいので、やかんを載せたり、洗濯物や濡れタオルを近くに置いて水蒸気を発生させるわけです。しかし、エアコンや電気ストーブではそのような手が使えませんから、ぜひとも加湿器を併用することをおすすめします。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。