TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第155回 失われた感覚を取り戻す技術
テクの雑学

第155回 失われた感覚を取り戻す技術

 つい先日報じられたのが、大阪大学の研究グループが、失明した人の眼球に電極をつけて、光の動きを追えるところまで視覚を回復させたというニュースです。一度失われた視覚を取り戻せる可能性がある技術ということで、大きなニュースになりましたが、センサを利用して人間の感覚を取り戻す技術はすでに実用化されはじめています。

見える/聞こえるということ
 そもそも、人間の感覚とは、どのようにして感じられるものなのでしょうか。感覚といえば、視覚、触覚、味覚などさまざまな種類がありますが、共通するのは、センサにあたる「感覚器官」で受けた刺激が「脳」に伝わっているということです。感覚器官で受けた刺激は、電気信号に変換され、神経を通って脳に伝わります。

 たとえば、視覚であれば、目で受けた光が電気信号に変換されて脳に伝わりますし、聴覚であれば、耳の内耳に伝わった空気の振動が電気信号に変換されて脳に伝わり、画像や音声として認識されるのです。


 視覚を失ったり(失明)、聴覚を失ったり(失聴)するということは、この過程のどこかがうまく機能していないということです。たとえば、
  • センサの部分が壊れる
  • センサが受けた刺激をうまく電気信号に変換できなくなる
  • 電気信号を伝える神経が壊れて情報が伝わらなくなる
  • 信号を処理する脳の機能がうまく働いていない
など、さまざまな理由が考えられます。

 このうち、センサ部分が壊れる、刺激を電気信号にうまく変換できない、という理由で失明・失聴している場合は、電気信号による刺激を与えることで、感覚を取り戻すことができる場合もあります。


前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。