TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第149回 小さく分けると使いやすい? —【小さな基地局】フェムトセルとは—
テクの雑学

第149回 小さく分けると使いやすい? —【小さな基地局】フェムトセルとは—

 携帯電話でインターネットやアプリケーションの利用など、パソコンと同等のことが1台でできる「スマートフォン」が売れています。携帯電話会社各社も力を入れており、2015年には国内で販売される携帯電話の過半数がスマートフォンになるという予測もあります。

参考リンク
国内携帯電話およびスマートフォンの市場規模予測
出所: MM総研

 ところが今、スマートフォンが普及することで、従来の携帯電話会社のネットワークでは、快適に通信や通話ができなくなるという問題が起こり始めているのです。この問題を解決するための技術の一つとして、最近注目されているのが「フェムトセル」です。

電波が届いても通話や通信ができない!
 スマートフォンと言われてもあまりピンとこない人でも、「iPhone(アイフォーン)」、「Xperia(エクスペリア)」、「BlackBerry(ブラックベリー)」といった携帯電話の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。これらは、日本で発売されている代表的なスマートフォンです。

 これらスマートフォンの大きな特徴が、インターネットと親和性が高いことです。パソコン用に作成されたウェブサイトを閲覧したり、GPSと組み合わせた詳細な地図情報サービスなど、パソコンから利用するインターネットと同様のサービスが利用できます。また、利用者が、公開されているさまざまなアプリケーションをダウンロードして、自分に必要な機能を付加していくこともできるのです。

 このような端末ですから、スマートフォンは、従来の携帯電話に比べて、たくさんのデータをやりとりすることになります。従来の携帯電話に比べると、10倍近いトラフィック(通信されるデータ量)になるという統計データもあります。

 さて、携帯電話で通話や通信を行う時には、今自分がいる位置から最寄りの基地局との間で通信を行います。そして、一つの基地局で一定時間に利用できる帯域(周波数の範囲)や、送受信できるデータの量は決まっています。

参考リンク
テクのサロン 携帯電話の通話の仕組み 〜なぜ輻輳が起きるのか〜

 ところが、音声による通話に比べると、スマートフォンは多くのデータを送受信しますから、スマートフォンが増えると、1台あたりのデータ量が増えるため、基地局が使える帯域がいっぱいになってしまいます。この状態で、無理にたくさんの携帯電話を一つの基地局に接続すると、1台あたりの使えるデータ量が減ってしまうため、接続速度が遅くなったり、そもそもつながらなかったりと、快適な利用ができなくなります。


 アメリカでは、実際に、スマートフォンが増えすぎたのが原因で、携帯電話がつながりにくくなったり、SMS(ショートメッセージサービス)の到達に数時間かかるような事態が発生しています。

マイクロセル化で電波状況は改善する
 従来の携帯電話は、大きな出力で、できるだけ広い範囲(半径数km)をカバーする基地局を配置する「マクロセル」という考え方でネットワークを構築していました。ところが、先に述べたような理由で、マクロセルでは快適な通話や通信が難しくなってきています。

 そのため、携帯電話会社各社は、小出力で狭い範囲(半径数百m)をカバーする基地局を数多く配置することで、エリアをカバーする方針に変わりつつあります。


 マイクロセル化によって、同じ面積でも多数の基地局があるので、同じ基地局を同時に利用する人の数が減り、快適に利用できるようになります。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。