TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第145回 ブブゼラの音を消す技術
テクの雑学

第145回 ブブゼラの音を消す技術

 ワールドカップ南アフリカ大会で一躍有名になった管楽器「ブブゼラ」。南アフリカの人々のサッカー観戦には欠かせない楽器ですが、テレビ中継を見ている各国のサポーターたちからは「耳鳴りのようだ」「頭が痛くなる」など、あまり評判がよくなかったようです。

 フランスの有料放送局では、中継時に、歓声や中継の音声にはほとんど影響を与えないでブブゼラの音だけをカットして放送することに成功したというニュースが話題になりました。今回のテクの雑学では、特定の音だけを「消す」技術について紹介しましょう。

そもそもブブゼラってどんな楽器?
 音を消す技術について説明する前に、ブブゼラという楽器がどんな「音」を出しているのかについて説明しましょう。

 ブブゼラとは、まっすぐで先が広がった「ラッパ」のような形の管楽器です。現在使われているものは、ほとんどがプラスチック製です。


 ブブゼラの起源としてよく言われるのが、村の人々を集めるために、クドゥというヤギの一種の角で作った角笛を吹いたのが始まりとする説です。また、南アフリカのあるキリスト教教会の創始者が約100年前にレイヨウの角を使って発明したとする説や、自分がブブゼラの発明者であると主張するサッカーファンもいて、論争が起きています。
 起源はともかく、ブブゼラが南アフリカでサッカーの応援に広く使われるようになったのは1997年頃です。当時はスズ製のものが主流でしたが、2001年に安価なプラスチック製のブブゼラが発売され、爆発的に広まりました。

管楽器の音を決める「基音」と「倍音」
 ブブゼラの管の細い方の吹き口は、金管楽器の「マウスピース」のような形状になっています。マウスピースの中で唇を震わせることで、楽器の管の中の空気を震わせ音を出します。トランペットやホルンなどの金管楽器と同じ原理です。

 管楽器では、管の長さに対応した波長をもつ振動が、共鳴して(強め合って)増幅され、それ以外の波長の振動は打ち消し合うことで、音の高さが決まります。その結果、管の長さに対応した波長の音波が残ります。
 共鳴する波長は、ブブゼラのような構造の管楽器の場合、管の長さの2倍の整数分の1の波長となります。すなわち、管楽器に共鳴する音波のうち、最も長い波長は、管の長さの2倍となり、その2分の1、3分の1の波長の音もまた共鳴します。
 音の高さ、すなわち周波数は、音の伝わる速度を波長で割ったものであり、波長と周波数は一対一に対応します。管楽器の音は、管の長さの2倍の波長に対応した周波数の音と、その整数倍の周波数の音が混じり合っています。最も低い周波数の音を「基音(きおん)」、基音の整数倍の周波数の音を「倍音」といいます。倍音の混じり具合によって、楽器独特の音色が決まるのです。

 では、ブブゼラの音は、どのような周波数から構成されているのでしょうか。

(ウィキペディアより転載・(CC)Pepre)

 このグラフから、ブブゼラの基音にあたる周波数は233Hzであり、その倍音にあたる466Hz、932Hz、1,864Hzのところにも山がある、すなわち倍音が鳴っていることが分かります。

 このようなブブゼラの音を消すことに成功したフランスの放送局が使用した技術について、詳しいことは報道されていませんが、同時に聞こえるさまざまな音の中から特定の音だけを消すには、いくつかの方法があります。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。