TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第140回 スパムメール対策 — 前編 電子メール送受信の基本 —
テクの雑学

第140回 スパムメール対策 — 前編 電子メール送受信の基本 —

 みなさんは、一日に何通ぐらいの電子メールを送受信していますか? 筆者の場合は仕事柄もあって、少ない時でも10通程度は送信しているでしょうか。受信となると、各種のメールマガジンや迷惑メール(以下「スパムメール」とします)まで含めると、100通程度は下らないと思われます。
 インターネットの普及が日常生活にもたらした変化は数多くありますが、中でも電子メールの影響は大きなものがあります。手軽で即時性のあるコミュニケーション手段としてたいへん優れていることに加えて、各種の情報を物理的な制約と無関係にやりとりできることは画期的でした。昔は紙に印刷したり、フロッピーディスクなどの記憶媒体に保存してから、手渡しや郵送でやりとりしていたものが、電子メールならファイルを添付して送信するだけですから、手間も時間もコストも大幅に軽減できます。
 電子メールは誰にとっても便利なものだからこそ、スパムメールが蔓延するといった面もあります。とはいうものの、筆者に限らず、もはや電子メールのない生活は考えられない、という人も少なくないでしょう。そこで今回は、インターネット上で電子メールを送受信するための基本的な仕組みについて触れてみたいと思います。

電子メールシステム誕生
 世界初の電子メールシステムは、1961年にアメリカのマサチューセッツ工科大学で開発されたOS「CTSS(Compatible Time-Sharing System:互換タイムシェアリングシステム)」が実装した、その名も「MAILBOX」というプログラムとされています。システムの中核をなす大型コンピュータの中に、端末からアクセスするユーザーごとのメールボックスを備えていて、相互にメールをやりとりできるというものでした。これは、パソコン通信の時代に使われていた電子メールの仕組みそのものと言うことができ、他のネットワークとはやりとりできない点も同じです。

 2台の大型コンピュータの間で電子メールの送受信に成功した初めての例は、1972年、アメリカのプログラマーであるレイ・トムリンソンが、インターネットの原型と言われるARPANET(Advanced Research Project Agency:アメリカ国防総省・国防高等研究計画局が構築していた広域コンピュータネットワーク)に接続された2台のコンピュータの間で行った実験とされています。トムリンソンは、もともとネットワークを介してファイルを転送する仕組みの開発を行っていたのですが、それを改良し、電子メール送信プログラム「SNGMSG」と、受信プログラム「READMAIL」によって、この実験を成功させました。その後、Unixによる相互接続型ネットワーク上で用いられたUUCP(Unix to Unix Copy Protocol)といった仕組みを経て改良され、現在、私たちが使っている電子メールシステムへと発展してきました。

意外と情報のやりとりが多いメール送信


 現在の電子メールを成立させている最も基本的な仕組みは、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)ならびにPOP(Post Office Protocol)という、2つの通信手順です。SMTPはメールの送信、POPは受信に用いられます。POPは現在、バージョン3が用いられているので「POP3」と表記されることもあります。

 インターネットに接続するためにISP(Internet Services Provider:いわゆるプロバイダ)と契約すると、ほとんどの場合、ISPからメールアドレスが提供されます。このアドレスは、「そのISPのメールサーバに直接アクセスして、電子メールをやりとりする権利」と考えていいでしょう。
 パソコンやケータイにインストールされた電子メールソフトは、ISPのメールサーバに対して「このメールを○○さんに送ってください」「私宛てのメールを届けてください」といったサービスを依頼し、提供を受けるためのプログラムで、ネットワーク用語的には「メールクライアント」や「MUA(Mail User Agent)」などと呼ばれます。ここでも、これ以降はMUAと呼ぶことにします。

 メール送信の流れを説明しましょう。AさんがBさん宛てにメールを作成して、MUAの「送信」ボタンをクリックすると、MUAはリクエスト先に指定されているメールサーバ(Aさんが加入しているISPのメールサーバ)に対して、「このメールを、Bさんのメールアドレスを管理している外部のサーバへ届けてください」とリクエストします。メールサーバの上で作動している、メール送信用プログラムMTA(Message Transfer Agent)は、MUAからのリクエストに対する返信を、Aさんのパソコン上のMUAに送ります。


 なお、話をわかりやすくするため、これ以降はISPを「ドメイン」と呼び換えることにします。インターネット上で使われるTCP/IPでは、接続されている機器をIPアドレス(192.168.0.255 といった数字の組み合わせ)で識別していますが、これを「www.tdk.co.jp」のように一般的な文字列で扱えるようにしたものがドメインと考えてください。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。