TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第139回 携帯電話を替えても、情報をそのまま移動できるSIMカード
テクの雑学

第139回 携帯電話を替えても、情報をそのまま移動できるSIMカード

 携帯電話といえば、携帯電話会社別に端末を開発し、販売しているものと思われがちです。ところが、ユーザーの情報を収めた「SIMカード」を交換することで、他の携帯電話会社の端末でも自由に利用できる可能性があり、総務省が音頭をとってガイドラインを策定しようとしています。最近何かと話題になるSIMカードとは、どのようなものなのでしょうか。

電話機の中に入っている小さなカード
 SIMカードの「SIM」は、Subscriber Identity Moduleの略で、契約者の情報が記録された接触型ICカードです。カードには、契約者の固有IDと電話番号が記録されています。幅15mm×奥行き25mm×厚さ0.76mm程度のきわめて小さなカードです。最近の携帯電話の筐体にSIMカードを差すことで、携帯電話と電話番号が結びつけられ、通話ができるようになります。

端子の部分を携帯電話に内蔵されたICカードリーダに接触させ、電話番号やデータを読み取る。

SIMカードを携帯電話に差したところ。抜き差しする時に電源が入っていると、データが破損する可能性があるため、多くの機種ではバッテリをはずさないとSIMカードも抜き差しできないようになっている。

 元々のSIMカードの規格では、記録できるデータ容量は64KByteと大変小さかったのですが、現在のSIMカードの容量はもっと大きくなっており、電話帳やユーザーの撮影した写真などのデータが保存できるタイプもあります。

 なお、SIMカードは、携帯電話会社ごとに独自の呼び方をもっています。たとえば日本の場合、NTTドコモは「FOMAカード」、KDDIは「au ICカード」ソフトバンクは「SoftBank 3G USIMカード」と呼んでおり、それぞれの会社から利用者に「貸与」されるという形になっています。

なぜ、SIMカードを導入したの?
 最初にSIMカードを採用したのは、ヨーロッパのGSMという共通の通話方式の電話です。ヨーロッパは国が小さく、1つの電話会社あたりのユーザーの数が少ないため、1つの機種をさまざまな国で共通に使える方が、メーカーにとっても利用者にとっても都合がよかったのです。
 SIMカードには電話番号と契約情報が入っているので、端末があってもSIMカードがなくては使えません。逆に、SIMカードさえ差せば、規格に互換性がある端末なら同じ電話番号で使えるのです。端末の買い替え時にも、古い端末から新しい端末にカードを差し替えれば、すぐに新しい端末が使えます。



 これを利用して、1枚のSIMカードを差し替えることで、1つの番号で複数の携帯電話を使い分けることができます。通常は通話用に普通の携帯電話に差しておいて、データ通信に利用したい時は、通信用USBアダプタに同じカードを差す、といった使い方ができます。

 また、海外で借りた携帯端末に自分のSIMカードを差して利用することで、日本にいる時と同じ電話番号を利用する「ローミングサービス」を利用することも可能です。逆に、自分が普段使っている電話に、現地の通信会社で販売しているプリペイドSIMカードを差して、安い通信料で通話を行うことも可能です。

 便利な反面、海外で携帯電話を落とした人が「どうせ海外では使えない電話だし、悪用されることもないだろう」と放置していたら、SIMカードだけを抜き取って現地の携帯電話で使われ、後日高額なローミングサービス料を請求されたという話もあります。便利な反面、悪用されるととても怖い仕組みなので、気をつけなくてはいけません。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。