TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第133回 家庭にもいよいよ進出! 進化する3D映像の世界
テクの雑学

第133回 家庭にもいよいよ進出! 進化する3D映像の世界

 この冬話題の映画「AVATAR」は、迫力ある美しい3D映像が評判ですが、その映像が家庭でも楽しめる3Dテレビが、いよいよ現実になってきました。今回のテクの雑学では、さまざまな3D映像の方式についてみてみましょう。

3次元に見える仕組み
 そもそも、私たちが立体を見るとき、なぜ2次元ではなく3次元に見えるのでしょうか。それは、左右の目がそれぞれ微妙に違う像を見ているからです。左右の目で違うものが見えていることを、簡単な実験で確かめてみましょう。
〜 実験してみよう! 〜

1)両目を開いたままで、顔の正面に、左手の親指と人差し指で輪を作り、右手の人差し指を伸ばして輪の向こう側に見えるようにします。

2)手を動かさずに、右目と左目を交互につぶってみましょう。すると、左手の指で作った輪の向こう側に見えていたはずの右手の人差し指の位置が、右目で見たときと左目で見たときでは、異なって見えることが分かります。


 右目と左目の間隔の分、右目の位置と左目の位置はズレています。そのため、右目が見ている映像と左目が見ている映像は、微妙にズレているのです。このズレを元に脳内で演算が行われ、立体的な映像が再構成されるのです。


 この仕組みを使って最初に実用化されたのが、赤青メガネを使った「アナグリフ方式」です。2つのカメラを並べて、右目用と左目用の映像を別々に撮影し、右目用カメラの映像を赤、左目用カメラの映像を青で重ねてプリントします。反対に、見るときには右目に青いセロファン・左目に赤いセロファンを貼ったメガネをかけることで、右目には右目用の映像、左目には左目用の映像だけが入り、立体視が可能になります。映画に最初に用いられたのは1915年頃にまでさかのぼります。

 アナグリフ方式は簡単ですが、色のついたフィルタを使うので、カラーの映像を再現できないという大きな問題があります。立体視のためには、要は左右それぞれの目に違う映像を見せることができればいいのです。さまざまな方法が開発されていますが、それらは大きく「パッシブ・ステレオ方式」と「アクティブ・ステレオ方式」の2つに分けることができます。

信号をフィルタで仕分けするパッシブ・ステレオ方式
 アナグリフ方式と同様に、右目用の映像と左目用の映像を同時に映します。赤と青で表示された映像を赤青メガネで分離する代わりに、それぞれの画像を進行方向に対して特定の方向に振動する光(偏光)で投影し、偏光板を使ったメガネを使ってそれぞれの目に到達させることで、左右の画像を分離します。



 パッシブ・ステレオ方式の代表的な方式が、IMAX 3D(R)です。IMAX 3Dでは、左右のメガネに90度異なる偏光方向のフィルタを使い、映像を分離しています。IMAXは、元々大きいフィルムを大きなスクリーンに輝度の高い映像で投影することで、臨場感と迫力を演出する方式ですが、さらに3D化することで臨場感ある3D映像となっています。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。