TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第125回 世界の見え方をかえる、携帯電話とAR技術
テクの雑学

第125回 世界の見え方をかえる、携帯電話とAR技術

 初めて行く場所で、駅までの道が分からなくなった時。目の前にある交差点に、「駅は左」という案内と矢印が浮かび上がってくれば、誰でも間違いなく駅までたどりつくことができます。そんな便利な仕組みが、身近な携帯電話を使ったAR(拡張現実)で既に実用化されつつあるのです。

現実の中に「情報」を置くAR
 AR(Augmented Reality)とは、技術によって、現実(Reality)を拡張(Augmented)するものです。その研究の歴史は長く、1960年代にアメリカ・MITのコンピュータ研究者Ivan Sutherlandが発表した「The Ultimate Display」というヘッドマウントディスプレイがそのはじまりだと言われています。
 1993年にはコロンビア大学で「KARMA」と呼ばれるARを利用したシステムが開発されました。これは、超音波センサを使ってヘッドマウントディスプレイにレーザープリンタの内部機構を表示し、プリンタの保守作業をサポートするシステムでした。

 手元のマニュアルを見る代わりに、作業手順のガイド情報を目の前のディスプレイに表示しながら作業することで、間違いなく作業できます。作業を効率的に学習するためにも、役立つシステムです。


 このように古くから研究されてきたARですが、その本質は、利用者の周囲の状況をコンピュータが察知し、「その人にとって、今、ここで必要な情報」を提供する「Context-aware Computing」の技術だといえるでしょう。

街の風景にARを重ねてみると?
 さて、私達の生活の中で「今、身の周りの情報が欲しい」場面はたくさんありますが、目に見える映像とコンピュータが提供する情報を重ね合わせる「AR」はまさにそうしたニーズに応える技術です。
 近未来を描いた映画やアニメの中では、車の運転中にスイッチを入れると、フロントガラスの風景にナビゲーション情報や渋滞情報が重ねて表示されたり、特殊なメガネをかけると、目の前に見えている風景に様々な「タグ」というラベルのようなものが表示され、指で触るとより詳しい情報が表示されるといったARが、日常生活を便利にする技術として描かれています。


 ARで見える風景のイメージ。周囲のお店情報、交通情報などが実際に見える風景に重ね合わされている。実は、こうしたサービスはすでに利用できるようになりつつあります。大きな役割を果たしているのが、携帯電話です。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。