TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第122回 絶好調! ハイブリッド自動車のテクノロジー —後編—
テクの雑学

第122回 絶好調! ハイブリッド自動車のテクノロジー —後編—

 第120回では、トヨタ・プリウスが採用する動力分割&電気式変速装置のTHS(Toyota Hybrid System)と、それが実現する「シリーズ・パラレル式ハイブリッド」機構について説明しました。今回は、ホンダ・インサイトが採用するIMA(Integrated Motor Assist)システムと、それによる「パラレル式ハイブリッド」機構について説明したいと思います。

インサイトを支える進化したIMAシステム
 パラレルとは「並列」の意味です。何が並列なのかというと、車輪を回転させてクルマを動かすための力の流れを指しています。現在、「ハイブリッド車」と呼ばれている自動車は、ガソリンを燃料として作動するエンジンと、電動モータのふたつの動力源を搭載していますが、パラレル式ハイブリッドでは、それぞれが発生する力が、並行して車輪へ伝わることが特徴です。

 パラレル式ハイブリッドの構成にはいくつかの種類がありますが、ホンダ・インサイトが採用しているIMAシステムは、非常に簡潔な構成で、ハイブリッドを実現している点が特徴です。


 構造的には、もともとエンジンに備わっている、自らの回転を維持するための機構「フライホイール(はずみ車)」部に、電気モータのロータ(回転子)を一体化させています。ロータはエンジンの出力軸にねじ留めされていて、常に一緒に、同じ回転数で回り続けています。モータの後段に位置する変速機は、通常のエンジン車と同じものを使えるのでコスト面でも有利で、マニュアルトランスミッションと組み合わせることもできます。

 IMAシステムの場合、基本はあくまでエンジンの力を使う走行です。ただし、停車状態からの発進や急加速など、大きな力が必要となる場合はモータによって出力をアシストすることが前提となるので、搭載するエンジンの排気量や出力は、車体のサイズや重量に比べて小さく設定されています。排気量が小さいエンジンは、そもそも単位時間内に燃やす燃料の量が少ないことに加えて、作動中に内部で生じる機械損失も小さくなるので、まずはこの点で燃費が向上します。

 発進時や加速時など、大きな力が必要となったら、バッテリからモータへ電力を供給して、エンジンの力にモータの力を積み増してやります。減速時には、電流の方向を逆転させることでモータを発電機として機能させ、バッテリに充電します。
 THSが、エンジンから後の変速および動力伝達機構をそっくり入れ替えてしまうものなのに対して、IMAシステムは既存のエンジンやトランスミッションの基本構成の中に、モータと制御系を巧みに組み込んで実現したハイブリッドシステムといえます。

 弱点としては、構造上、あまり大きなモータを使えないので、モータ出力に制限が付きがちなことがあげられます。また、モータだけ、エンジンだけで作動することができないので、現行のインサイトより前のIMAシステムでは、モータ出力だけで走行する「EV走行」が不可能でした。しかし、現行インサイトでは走行中のエンジンの吸排気バルブを閉じたままにする(つまり、燃料を燃やさない)ことで、実質的にエンジン機能を停止させる「気筒休止システム」との組み合わせによって、EV走行を実現しています。


 では、インサイトのIMAシステムがどのように作動するのか、走行シーンごとに説明してみましょう。
  1. クルマが完全に停止している状態からの発進には、大きな駆動力が必要になります。アイドリングストップ状態からエンジンを始動させ、さらにバッテリからモータへ電力を供給して、モータの出力をエンジンの出力に上乗せすることで、力強い発進を可能にします。
  2. 低速かつ一定の速度で走っている状態では、「気筒休止システム」によってエンジンの機能を停止させ、モータの力だけで走行することで、燃料消費を抑えます。
  3. 加速や上り坂など、大きな力が必要な場合はモータに電力を供給し、エンジン出力+モータ出力で力強い加速を実現します。
  4. 高速での一定速走行時は、それほど大きな力は必要とされないので、エンジンの力だけで走行します。ただし、加速が必要になると瞬時に3.の状態になります。また、下り坂など基本的に駆動力が不要な状態では2.の状態になって、燃料消費を抑えます。
  5. 減速ならびに制動状態では、モータに流す電流の方向を反転させて発電を行ない、バッテリに電力を蓄える「エネルギー回収」を行ないます。
  6. 停車すると、自動的にエンジンを停止する「アイドリングストップ」状態になって、燃料消費を抑えます。
 改めてその作動を見ると、IMAシステムは、いわば「電動アシスト自動車」的なハイブリッドシステムであることが理解できると思います。やや極端に表現するなら、プリウスのTHSが「可能な限りモータの力で走行したいが、バッテリ容量などの都合からエンジンも併用する」ような仕組みなのに対し、IMAシステムは「基本はエンジンで走り、力が足りない時だけモータがフォローする」仕組みと考えていいでしょう。
 両者には一長一短があり、どちらが優れているとはいえません。今後、どちらの方式が主流となるのかについても意見が分かれているところです。ちなみに、IMAシステム式の機構をベースに、エンジンとモータの間にクラッチなどを設けて、両者間の接合を切り離せるようにしたシステムなども研究・開発されています。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。