TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第121回 雲の向こうとつながるインターネット〜身近なクラウドコンピューティング〜
テクの雑学

第121回 雲の向こうとつながるインターネット 〜身近なクラウドコンピューティング〜

 次世代の情報システムのキーワードとして最近耳にすることが多い「クラウドコンピューティング」。企業用の大規模な情報システムのための技術のように思えますが、実は、インターネットを日常的に利用している人なら、既に毎日のように利用している技術なのです。今回のテクの雑学では、クラウドコンピューティングの技術について、その概要を紹介します。

コンピュータの雲が形作るサーバ
 インターネットでは、ネット上にあるサーバコンピュータに利用者がネットワーク経由で接続して、データをダウンロードしたり、メールやWebなどのサービスを利用します。ユーザーがサービスを快適に利用するために、サービス提供者は、データの量や接続数に応じた適切な容量や速度のサーバを用意する必要があります。

 しかし、インターネットを利用する人や企業が増えるとともに扱うデータの量や接続ユーザー数が急増するにつれて、必要なサーバのサイズもどんどん大きくなっていきました。余裕をもってサーバを用意しても、すぐに不足して入れ替えが必要になってしまいます。だからといって、大きすぎるサーバを用意しては、コストがかかりすぎて、適切な価格でサービスを提供することができません。

 そこで登場したのが、クラウドコンピューティングという技術です。クラウドコンピューティングは、多数のコンピュータをネットワークで接続して、巨大な一つのコンピュータ(クラウド)として扱えるようにする技術です。「クラウド(Cloud)」とは、英語で「雲」という意味で、サーバが小さなコンピュータの集合となって、雲のように形のはっきりしないイメージを表しています。


クラウドコンピューティングの主な長所は以下のようなものです。
  1. コストが安い
     クラウドを構成する一つひとつのコンピュータは、性能が比較的低い、安価なコンピュータです。クラウド全体と同じ処理能力を持つ大型コンピュータよりも、安く構築できます。

  2. 拡張性が高い
     能力が不足した場合、クラウドにコンピュータを足すことで、能力を引き上げることができます。置き換えではないので、今までに入れたコンピュータ資源をそのまま活かすことができるので、低コストで拡張できます。

  3. 信頼性が高い
     クラウドコンピューティングでは、データやシステムを多重化(同じものを複数のコンピュータに置くこと)しています。システムの一部が壊れても同じ機能を他のコンピュータで代替できるので、システムが停止したり、データが消えたりすることが起こりにくくなっています。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。