TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第112回 アシスト新基準 −再注目の電動アシスト自転車−
テクの雑学

第112回 アシスト新基準 −再注目の電動アシスト自転車−

 電動アシスト自転車の売れ行きが好調のようです。2008年は、日本国内で30万台以上が販売されたという統計が出ています。

 好調の背景としては、まず、近年の健康志向、環境意識の高まりによる、プチ自転車ブーム的な傾向があげられるでしょう。燃料価格の高騰で、通勤などの自動車使用を控える傾向が出てきたこと、法改正によって駐車違反取締りが厳格化されたことなども、プチ自転車ブームの追い風になっていると考えられます。
 宅配便会社やOA機器会社などでも、企業活動によるCO2排出量削減などを目的として、営業拠点周辺の巡回用に自転車を使うケースが増加中であるようです。

 とはいえ、普通の自転車では上り坂などで辛いし、そうでなくてもペダルを漕ぐ力は少ないほうがいい……といったことで、電動アシスト自転車を選択するユーザーが増えているのだと考えられます。2008年12月1日には、アシスト力の新基準が施行され、ペダルを漕ぐ負担がいっそう低減されました。このことも、電動アシスト自転車への注目度を高めている理由のひとつでしょう。

法律に基づく名前の由来
 さて、電動アシスト自転車の仕組みを理解するためには、法的な面に触れておく必要があります。歴史的背景も含めて、なるべく簡潔にまとめてみましょう。

 公道上を走る“車両”は、道路交通法や道路運送車両法という法律で、「自動車」「原動機付自転車」「軽車両」に分類されています。自転車は、このうちの軽車両に該当します。
 軽車両とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか? 道路交通法第2条第1項第11号では、「エンジンやモータなどの原動機を持たず、人力や蓄力で動く乗り物や荷車など(ただし、身体障害者用の車いす、歩行補助車など、小児用の車以外)」と定義しています。自転車以外では、馬車や人力車、キックボードなどが軽車両に該当します。ちなみに歩行補助車とは、福祉用電動車両(シニアカー)などを指します。
 あらためていうまでもありませんが、これらの軽車両は所有にかかる税金も、運転のための免許取得も不要です。

 公道上を通行する車両は、安全を確保するため、分類ごとに定められる「道路運送車両の保安基準」に適合していなければなりません。当然、軽車両にも保安基準がありますが、大きさの制限と、「制動装置(ブレーキ)を備えなければならない」「乗用の場合は警音器を備えなければならない」程度です。日常生活のための道具であることから、必要最低限のレベルに留められているわけです。

 道路交通法第2条第1項第11号の2では、自転車そのものが定義されています。「ペダルまたはハンド・クランクを用い、かつ、人の力により運転する2輪以上の車(レールにより運転する車を除く)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの(人の力を補うため原動機を用いるものであつて、内閣府令で定める基準に該当するものを含む)をいう」が、自転車の定義です。
 細かくいうと、関連法規によって上記の「原動機」は電動機、つまりモータに限られていたり、さらに道路交通法第63条の3で「普通自転車」が定義されているのですが、ここでは詳細に触れません。簡単にいえば、「歩道上を通行できる自転車」の定義です。

 さて、「電動“アシスト”自転車」という呼称には、ある意味が込められています。ポイントは、直前にあげた「人の力を補うため原動機を用いるものであつて、内閣府令で定める基準に該当するものを含む」の文言です。
 軽車両である自転車は、あくまで人の力によって動くものでなければならず、モータは「人の力を補う」ことを超えて機能してはならないのです。これこそが、「電動自転車」ではなく「電動“アシスト”自転車」と呼ばれる理由です。

電動アシスト自転車のルーツ
 世界初の電動アシスト自転車は、1993年に市販されました。その際、開発側と関係省庁の間では、その位置付けについて多くの議論と検討が重ねられたと聞いています。なにしろ世界初の製品ですから、道路・交通関連法規上で、どのように扱うべきか?というところから決めていく必要があったわけです。

 電動アシスト自転車は、交通弱者層の移動の負担軽減などを目的に、「上り坂などでも楽にペダルが漕げる自転車」として企画・開発されたものです。構造的に、ペダルを漕がなければモータの力は発生しません。あくまで主体は人力ですから、「人力で動く」という、軽車両の定義に適合すると判断していいはずです。
 原付扱いになってしまうと、歩道上を通行できません。それでは交通弱者層の助けにならないのです。電動アシスト自転車が、法規上「自転車」として認められるか否かは、存在意義に関わってくる問題だったのです。

 結果として、「モータの力は、いかなる状態でも人間の力を超えない」ことが、「人の力を“補う”」ことと定義されました。走行のために用いられるモータの力は、人の力1に対して、1を超えない。駆動力全体を100とするなら、その比率は最大で人力50:モータ50であることが、電動アシスト自転車を「自転車」と見なす基準として決められたのです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。