TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第110回 感染注意報発令中 −USBウイルス−
テクの雑学

第110回 感染注意報発令中 −USBウイルス−

 2007年ごろから話題になり始めた不正ソフトウェア「USBウイルス」が、猛威をふるっています。
 トレンドマイクロ社が毎月発表している、不正ソフトウェアの種類別感染報告ランキングでは、USBウイルスの一種である「MAL_OTORUN」が、2008年のうち9カ月にも渡って1位にランクされています。情報処理推進機構(IPA)の発表によれば、2008年11月のUSBウイルスに関する届出件数(届出者から寄せられたウイルスの発見個数)はおよそ10万1000件に達しました。そして1月25日には、警視庁のオンラインシステムに接続している端末が、やはりUSBウイルスの一種に感染し、対処のため断続的にオンライン業務を停止したと報道されました。
 共有コンピュータを使う企業や大学などでの感染報告が目立っていますが、後述する動作上の特徴から、1人1台の環境であっても油断は禁物です。

※名称はトレンドマイクロ社の規定によります

便利さの裏側に
 総称で「USBウイルス」と呼ばれているのは、おもな感染媒介として「USBメモリ」が使われていることが理由です。
 USBメモリはたいへん便利な記録メディアです。WindowsでもMacintoshでも、特別なソフトウェアなどをインストールすることなく、USBポートに挿し込むだけで使えますし、ギガバイト単位の大容量記録にも余裕で対応します。低価格化が進んだことで、最近ではCD-ROMやDVD-ROMなどの光学メディアに代わってデータ配布用途にも使われています。かつてのフロッピーディスクか、それ以上にメジャーな記録メディアになりつつあるといっても過言ではないでしょう。

 しかし、メジャーな存在であるということは、不正ソフトウェアの作者にとって、効率よく感染被害を拡大させるために都合がいい媒介、ということにもなります。さらに、その感染の仕組みによって、USBメモリ以外にも、「USBで接続」する「リムーバブルメディア扱いになる機器」を広く媒介として使える点も、不正ソフト作者にとっては大きな利点です。具体的には、USB接続の外付けハードディスクや、ポータブルオーディオ機器、SDメモリカードなどにも感染させられ、被害を拡げる媒介となってしまうのです。
 以下の説明では、USBで接続するメモリや外付けハードディスクなどのリムーバブルメディア(場合によってはNASなどのネットワークドライブも含む)を代表するもの、という意味で「USBメモリ」と記しますが、USBメモリ製品以外の機器にも感染することは、くれぐれも忘れないでください。


 すでにUSBウイルスに感染しているパソコンにUSBメモリを接続すると、USBウイルスは自らのコピーと、他のパソコンに感染するための仕組みを、USBメモリにコピーします。この時、コピーするファイルの属性を「隠しファイル」にする…といった隠蔽工作が同時に行なわれることもあります。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。