TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第108回 ケータイとパソコンの間で −「スマートフォン」「MID」「UMPC」ってなんだ?−
テクの雑学

第108回 ケータイとパソコンの間で −「スマートフォン」「MID」「UMPC」ってなんだ?−

 最近、大手家電量販店などに行くと、「ノートパソコン100円!」などと銘打って販売されている、B5版よりも小さなノートパソコンが目につきます。「100円」というのは、同時にモバイル通信サービスと2年間の継続利用契約を交わすことが条件の価格だったりするのですが、通信サービスと契約しない場合でも、同じ物はだいたい5〜6万円程度で購入できます。

多種多様なモバイル端末
 今回は、そのようなMID(Mobile Internet Device)やUMPC(Ultra Mobile PC)、もしくはネットブックなどと呼ばれるパソコンと、もう少しケータイ寄りに位置する「スマートフォン」について触れてみたいと思います。

 とはいうものの、実はこれらの商品、定義や境界が非常に難しいものでもあります。たとえば、もともと「スマートフォン」とは、アプリケーションソフトをインストールして動作させられたり、インターネット接続機能を備えているケータイを指す言葉だったのですが、その定義に従うと、現在、日本で販売されているケータイは、ほとんどすべてがスマートフォンということになってしまいます。
 そこで、本稿では便宜的に以下のように線引きをしてみます。


 この手の製品は、大きく三つの流れが合流して産まれたものと考えられます。少し歴史を振り返りつつ、整理してみましょう。

 まず、「電子手帳」からの流れです。日本では、1980年代半ば頃から「電子手帳」と呼ばれるデバイスが、おもにビジネスマン向けに発展してきました。辞書、メモ、住所録、スケジュール管理などの機能をまとめた、まさに電子版の手帖です。
 1990年代の初頭になると、手書き入力が可能なシャープの「ザウルス」、アップルコンピュータの「ニュートン・メッセージパッド」によってブームが起こります。その頃から、これらの機器は「PDA(Personal Digital Assistant:携帯情報端末)」と呼ばれるようになり、その後も「Palm Pilot」などによって幾度かのブームが起こりました。
 しかし現在、往年のPDAが備えていた機能は、ほぼすべてがケータイの中に入ってしまったことで、PDA市場は事実上、終焉を迎えています。2008年末には、ついにザウルスの生産が終了したそうで、一抹の寂しさを感じざるをえません……。

 もうひとつの流れは「ケータイの高機能化」ですが、これについては書き始めるとキリがありませんので、今回のテーマに関連するトピックのみ抽出しておきます。
 なんといっても大きなキッカケになったのは、1999年の「iモード」に代表されるインターネット接続機能、2001年の「iアプリ」に代表されるアプリケーションソフトが実行可能になったこと、そしてパソコンと同じタイプのキーボードを備えた機種の登場です。ちなみにキーボード付きケータイの歴史は意外と古く、元祖は1996年の「Nokia 9000 Communicator」にまでさかのぼります。

 三つめは、「パソコンの小型コンパクト化」です。これも過去から現在に至るまで、幾度かブームとなってはやや下火に……を繰り返してきている事柄ですが、MIDやUMPCはネット接続機能、そして「ブラウザ」としての用途を前面に押し出しているのが特徴です。

 現在、パソコンは「インターネットに接続して使うもの」となっていますから、MIDやUMPCも、モバイルネット接続/データ通信機能を本体に内蔵しているか、ケータイやPHSなどの通信用カードと組み合わせて使うことが前程となっています。インフラが整えば、WiMAX機能の搭載も進むかもしれません。

テクの雑学
第78回 より高速かつ広域な通信網の実現に向けて −WiMAXの可能性−

 電子手帖に始まった「個人用情報機器」というジャンルが進化を遂げていく過程で、最終的にはケータイに内包され、なおかつパソコン機能を一部取り込んだものが「スマートフォン」だとすると、MIDやUMPCはもっとパソコン寄りの商品です。筆者なりに定義すると、Webブラウジングやメール送受信、音楽や動画の再生といった、ケータイでも実現してはいるものの、機能の拡張性などの面でさまざまな制約がある機能を、よりパソコンに近い形で、またパソコンと同じ操作性で使える「マルチブラウザ」がMIDやUMPCということになります。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。