TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第106回 ハードディスクの最新動向2 -劇的な進化とこれから-
テクの雑学

第106回 ハードディスクの最新動向2 -劇的な進化とこれから-

 前回(第104回 ハードディスクの最新動向1 −パターンドメディア−)は、ハードディスクドライブ(以下HDDと略)関連の最新技術のうち、ディスク関連の技術として、「ディスクリート・トラック構造」と「パターンドメディア」について紹介しました。今回は、ディスク以外の技術についてまとめてみたいと思います。

HDDの劇的な大容量化
 HDD関連の技術については、ディスク記録密度の向上を中心に語られる傾向があります。コンピュータの性能が高まり、より高速な処理が可能になると、その上で扱われるデータも複雑化し、ファイルの容量が大きくなることが常です。
 その要求に応えるべく、HDDが約40年に渡る歴史の中で、記録密度をなんと1億倍以上にまで高めて来たのは、前回にも記したところです。HDDの容量が大きくて困ることはありませんから、大容量化への要求に終着点はないのかもしれません。

 たとえば1992年に登場したWindows3.1の配布用メディアは、14枚程度のフロッピーディスクでした。つまり、容量はたったの14メガバイト。インストール先であるHDDの容量も、当時は40メガバイト程度が一般的でした。ちなみに当時のCPUのクロック周波数は最速クラスで66MHz、メインメモリもせいぜい2メガバイト程度といった時代です。
 そして現在、OSの配布用メディアはCD-ROMを経てDVD-ROMとなり、激安パソコンであってもHDD容量は80ギガバイト以上が当然となっているのは、みなさんもご存じのところです。

データ読み書きの高速化要求
 さて、コンピュータ関連機器に用いられる「記憶装置」の中にあって、HDDや光学メディアなど物理的な動作をともなうデバイスは、いわゆるメモリ系の記憶素子に比べると、読み書き速度が非常に低速なものです。その分、わずかな高速化でも、システム全体の動作速度向上に貢献できる割合が高いことから、大容量化とともに、高速化の要求も常にあります。
 HDDはその構造上、ディスクの回転数が同じなら、大容量化のためにディスクの記録密度が高まるほど、データ読み書きに要する時間も短くなります。ただし、記録密度が高まれば“自然に”読み書き速度が速くなるわけではありません。正確に記すなら、データ読み書きに関する時間は「短くなる」のではなく、「短くしなければならない」のです。

 そのためにまず重要になるのが、ディスクにデータを読み書きするためのヘッドに関する技術です。ディスクの記録密度が高まるということは、同じ面積の中により多くの情報が記録されているということです。しかし、ディスクの回転数が同じなら、その上をヘッドが通過する時間も同じですから、同じ量のデータを、より短時間で読み書きしなければなりません。そのため、ヘッドを小型化し、同時に読み取り/書き込みに対する感度を高める必要があります。

HDD用ヘッド:CPP-GMR方式の登場
 現在、多くのHDD用ヘッドで使われているのは、自由磁性層、固定磁性層の2枚の強磁性膜の間に「絶縁障壁層」を設けた構造を持つ「TMR(Tunneling Magneto-Resistive:トンネル磁気抵抗)」方式と呼ばれるものです。
 ヘッドに電圧をかけると、トンネル効果(電子が、一定の確率で他のエネルギー壁を突き抜ける現象)によって、絶縁障壁層に電流が流れます。この時、強磁性膜の磁石の向きによって、絶縁障壁層に流れるトンネル電流の電気抵抗が変わる性質を利用して、信号の1と0を検出しています。
 しかしTMR方式の場合、ヘッドを小型化すると絶縁障壁層の電気抵抗が大きくなって、信号中にノイズが増えがちになるのが難点です。ディスクの記録密度が1平方インチあたり500ギガビットを超えると、TMR方式では信頼性の確保が難しくなるといわれていました。


 そこで考案されたのが、「CPP-GMR(Current Perpendicular to Plane:垂直面流れ Giant Magneto-Resistive:巨大磁気抵抗)」方式と呼ばれるものです。
 TMRヘッドが登場する以前に主流だったGMR方式のヘッドでは、記録/再生用素子を形成する薄膜層に対して、水平に電流を流すCIP(Current in Plane:平面流れ)方式となっていました。CPP-GMR方式では、その名の通り、薄膜層に対して垂直に電流を流します。
 基本構造は、自由磁性層、固定磁性層の2枚の強磁性膜の間に「低抵抗金属層」を設けることで、絶縁障壁層を使わずに磁気抵抗効果を得ています。また、電流を垂直方向に流すことで素子の抵抗を低め、低ノイズ化と高周波応答性を実現しています。

 CPP-GMR方式のヘッドは、現在、各社が実用化に向けて鋭意開発を進めており、順調に行けば、2011年ごろには市販HDDに採用される見込みとなっています。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。