TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第103回 IPTVに関する3つの疑問 〜通信と放送の融合を家庭で楽しむ新しいサービス
テクの雑学

第103回 IPTVに関する3つの疑問 〜通信と放送の融合を家庭で楽しむ新しいサービス

 家庭のネットワークのブロードバンド化が進み、新しいサービスとして話題になっているのが「IPTV」。でも「IPTVってパソコンで楽しめる動画サービスとどこが違うの?」「今契約しているプロバイダーでは、IPTVは見られないの?」「今売っているインターネット対応のテレビを買えばIPTVが楽しめるの?」など、たくさんの疑問が沸いてくるサービスでもあります。今回のテクの雑学では、IPTVの仕組みと楽しみ方についてみてみましょう。

インターネットの動画サイトとIPTVって違うもの?
 はたして何をIPTVと呼ぶかについてはさまざまな定義があります。広い意味では、IPネットワークを利用した映像配信サービス全般をIPTVと呼ぶこともありますが、現在では、総務省「2010年代のケーブルテレビの在り方に関する研究会」において提出されている、以下の定義が定着しています。

▼IPTVの定義
(主としてブロードバンド・アクセス網上に設けられた)閉域IPネットワークを通じ、STB(Set Top Box)に接続した一般のテレビ受信機等に映像を配信するサービス
(2010年代のケーブルテレビの在り方に関する研究会 第4回配布資料「IPTVの動向について」より引用)

 では、IPTVとYouTUBEに代表されるインターネットによる動画配信サービスの違いは何でしょうか。それは、映像データの配信に「インターネット」を使用するかどうかという点にあります。


 IPTVでは、映像データはプロバイダー内部の閉じたネットワークを通ってユーザーのセットトップボックスに配信されますが、インターネットの動画配信サービスでは、映像データは配信サーバーからインターネットを経由してユーザーに届きます。

 インターネットは、「ネットワーク間のネットワーク」といわれる通り、複数のプロバイダーのネットワークを網の目のように接続してつながるネットワークです。プロバイダーは、自社のネットワークについては帯域(回線速度)や通信品質についてコントロールできますが、インターネットを介してつながるサーバーまでの経路すべてについての帯域や通信品質についてはコントロールができません。

 つまり、インターネットを経由する動画配信では、アクセスが集中して回線が混雑すると、映像が途切れ途切れになったり画質が低下するといった現象が発生します。このように、通信品質については保証されないネットワークを「ベストエフォート型ネットワーク」と言います。

IPTVでレンタルDVDはもう要らない?
 逆にいえば、自社内のネットワーク上にあるサーバーからの映像配信であれば、帯域や通信品質についてはプロバイダーがコントロールでき、一定以上の映像品質を保つことができます。光回線を利用したブロードバンド接続を提供するプロバイダーでは、「インターネット接続」「IP電話」に続く第3のサービスとして、IPSP仕様(※)による「IPTV」も同時に利用できる「トリプルプレイ」をうたったサービスを提供しています。
※注:Internet Protocol Service Project(NTT、KDDIと家電大手メーカーによる非公式のワーキンググループ)が策定したIPTVの仕様


 IPTVでは、従来ケーブルテレビなどで配信されていた多チャンネルテレビ放送と、VOD(ビデオオンデマンド、ユーザーの要求に応じて配信する)サービスが提供されています。また、プロバイダーによっては、地上波デジタル放送のIP再送信サービスにも対応しています。

 VODサービスは、見たいタイトルに料金を支払うことで、一定期間中もしくは一定回数の視聴が可能になります。借りる時は自宅からリモコンで申し込みができ、返却不要なレンタルDVDというイメージが近いサービスです。

 インターネットとテレビの接続は、映像データをIP信号から映像信号に変換するセットトップボックスを通して映像端子に接続します。「インターネット対応テレビ」となっていても、そのままではIPTVを見られません、セットトップボックスは、サービスプロバイダーから自社の方式に対応するものが提供されています。

 放送される映像コンテンツのハードディスクレコーダーなどへの録画は、可能な場合と不可能な場合があります。また、可能な場合でも、「コピーワンス」など、録画回数や再生機器に制約があることが多くなっています。自分の視聴スタイルに合わせて契約前によく確認しましょう。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。