TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第98回 デジタルコンテンツの革命? - 「ダビング10」のメリット/デメリット -
テクの雑学

第98回 デジタルコンテンツの革命? - 「ダビング10」のメリット/デメリット -

 2008年7月4日の午前4時から、地上波、衛星放送とも、テレビのデジタル放送に「ダビング10(テン)」と呼ばれる、新しい著作権保護の仕組みが実施されました。それ以前に用いられていた著作権保護技術「コピーワンス」が、ある意味で非常にすっきりした内容だったのに対し、ダビング10による著作権保護は少々複雑になっていることから、ユーザの間には混乱も見受けられます。
 今回は、現状のダビング10の実態について、ユーザとしての視点で情報をまとめてみましょう。

「コピーワンス」から「ダビング10」へ
 コピーワンスは、デジタルチューナーやセットトップボックス経由でデジタル録画機器に保存した番組を、他のデジタル録画機器やDVD-RAMなどのDRM(Digital Rights Management : デジタル著作権管理)対応のメディアへ「移動=ムーブ」できる、というものです。「移動」というのは、他の機器やメディアへのダビングを行なったら、元々録画した内容は削除されてしまうからです。
 紙の書類をコピー機などで複製したら、元の書類が白紙になってしまうようなものですから、これを「コピー=複製」と呼ぶのは、元々無理があったように思えます。


 対してダビング10は、PCや専用レコーダーなどに内蔵され、固定されているHDDに録画した場合に限り、DRM対応メディアや、i.Linkなどデジタル接続端子経由で他の録画機器へダビングしても、元の録画内容は削除されません。
 ただし、その回数に制限があって、10回目のダビングで元の録画内容が削除されます。また、ダビングしたものからさらに他の機器やメディアにダビングして「孫世代」を作ることはできません。


 利点としては、コピーワンス時代には不可能だったアナログ映像出力端子経由での、他の録画機器やDVD系メディア、VHSへのダビングが可能になったことです。アナログRGBによる出力には、解像度の制限(約52万画素)がありますが、1080iのコンポーネント映像出力などでもダビングは可能です。
 アナログ端子経由でのダビングにも「CGMS-A」という著作権保護技術が働いていますが、その規格にダビング回数の管理が含まれていないため、10回を超えてダビングしても元の番組は削除されません。ただし、アナログ経由であっても孫世代を作ることはできません。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。