TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第93回 ゲームは一人で遊ぶものじゃない -ゲームがネットワークでつながる仕組み-
テクの雑学

第93回 ゲームは一人で遊ぶものじゃない 
-ゲームがネットワークでつながる仕組み-

 コンピューターゲームといえば一人でコントローラーを握って遊ぶもの、というイメージがありますが、最近は、インターネットに接続したゲーム機で、画面の向こうにいる人と一緒に楽しむ方が増えています。今回の「テクの雑学」では、コンピューターゲームがつながる仕組みをみてみましょう。

「つないで一緒に遊ぶ」ゲームの歴史
 コンピューターネットワークで接続されたパソコンで複数のユーザーと遊ぶ「オンラインゲーム」は1990年代前半からコアなゲームファンの中では知られていました。一般に認知度が高まったのは、1996年後半から1997年にかけて発売された「ディアブロ」と「ウルティマオンライン(UO)」のサービス開始です。

 特にUOは、既に確立されていたゲームの「ウルティマシリーズ」の世界観に基づいて構築されたゲームシステムで、複数のプレイヤーが同時にひとつの世界に参加する「多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game:MMORPG)」という、インターネットで接続されたゲームならではの楽しみ方を可能にするゲームとして、大いに注目されました。日本ではちょうどインターネットが一般家庭に普及しはじめていた時期であり、NTTの「テレホーダイ」サービス(23時から8時までの間、あらかじめ指定した電話番号への通話料金が月額固定になるサービス)の開始に伴い、比較的年齢層の高いパソコンユーザーを中心に徐々に広まっていきました。

 コンシューマーゲーム機で遊ぶオンラインゲームのパイオニアは、2000年12月に発売された、セガのドリームキャストをプラットフォームとする「ファンタシースターオンライン(PSO)」です。コンシューマー機で遊べる本格的なオンラインゲームということで、これまでパソコンやインターネットに縁のなかったゲームプレイヤーが、「ゲームの中で出会った人と一緒に遊ぶ」オンラインゲームの楽しさに触れた作品でした。

そして2002年5月、スクエア(現・スクエアエニックス)から、人気の「ファイナルファンタジーシリーズ」のオンラインタイトル「ファイナルファンタジーXI」が発売され、国産初のMMORPGとして多くのプレイヤーを獲得しました。当初のプラットフォームはプレイステーション2のみでしたが、その後Windows版、XBOX版が発売され、マルチプラットフォームのMMORPGとしてその基礎を築きました。また北米版、ヨーロッパ版も発売されており、海外のユーザーとも同じ世界で遊ぶことができます。

 その後、ADSLやケーブルテレビなど、一般家庭にもブロードバンド常時接続が普及していくのに伴い、数多くのオンラインゲームタイトルが発売されています。

一方で、コンピューターネットワークを使わず、ゲーム機同士を接続して遊ぶゲームもありました。よく知られているものは、1996年に発売された「ポケットモンスター」です。携帯型ゲーム機同士を専用ケーブルで接続することで、育てたモンスターの交換や対戦ができます。モンスター集めの楽しさに、多くの子供たちが夢中になりました。

 2004年に発売された携帯ゲーム機のニンテンドーDSとプレイステーションポータブル(PSP)では、ケーブルではなく無線による接続をサポートしています。「友達同士がゲーム機を持ち寄って一緒に遊ぶ」という以外にも、さまざまな接続が可能になりました。たとえば、2005年に発売されたニンテンドーDSの「nintendogs」では、ワイヤレス通信機能を利用した「すれ違い通信」により、道ですれ違った人のDSで育てている犬が自分のDSに遊びにくるというユニークな機能で、大人気となりました。

接続形態でみたネットワークゲームの分類
 ここまで見てきたとおり、複数のゲーム機をつないで遊ぶゲームには、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつは、「ゲーム端末(パソコンやゲーム機)がネットワークを介してゲームサーバーと通信する形式(クライアント-サーバー型)」で、もうひとつは「ゲーム機同士が直接通信する形式(ピアツーピア・P2P型)」です。


 現在サービスされているクライアント-サーバー型のゲームのほとんどは、インターネット上にあるゲームサーバーにゲーム端末が接続するタイプのものであり、インターネットを通した接続が大前提となります。

 したがって、ゲーム端末にはインターネットに接続するためのネットワークカードやインターネットに接続するためのIPアドレスが必要になります。プレイヤーの操作はネットワークを経由してサーバーに伝わり、その結果がネットワーク経由で端末に戻ってきてゲーム画面に表示されます。

 つまり、ゲームのシステムは、インターネット上にある「ゲームサーバー」とゲーム端末にインストールされた「クライアントソフト」が一体となって動作しているのです。サーバーの運営はゲーム運営会社に任されており、メンテナンスなどでサーバーが停止している時間は遊ぶことができません。

 P2P型接続のゲームは、もともと専用ケーブルでゲーム機をつないでいた仕組みの延長であり、ゲーム機同士が一時的に通信(アドホックネットワーク)できれば遊べるようにできています。接続の形式はゲーム機によって異なり、特に規定はありません。ゲームのプログラムはゲーム機で動いているソフトで完結するので、接続さえできればいつでも遊べるのが、クライアント-サーバー型のゲームとの大きな違いです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。