TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第92回 もっときめ細かなルート選択へ −カーナビの新機軸−
テクの雑学

第92回 もっときめ細かなルート選択へ 
−カーナビの新機軸−

 カーナビゲーション・システム(以下『カーナビ』と略)の“元祖”である、「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケーター」の登場は1981年。それから四半世紀が過ぎた今日、カーナビはすっかりポピュラーな存在になっています。
 最近は新車装着率が50%を越えたという話も耳にします。また、ここ数年は「PND(Personal Navigation Device)」と呼ばれる簡易型製品の機能アップとラインアップ充実も、カーナビの普及を大きく後押ししています。PNDは5インチ程度の画面を持つワンボディ型の製品で、5万円程度と比較的安価に購入できること、多くの製品が容易に脱着できるポータブル性を備え、機種によってはクルマを降りてからもワンセグTVとして使える、といった点がウケているようです。
 今回は、そんなカーナビの新機軸についてまとめてみたいと思います。

高機能化するカーナビ
 カーナビの性能を左右する最大の要素は「測位」の性能です。要は「今、どこにいるのか?」ということで、カーナビ機能の根幹をなすといっても過言ではない要素なのですが、今でもメーカーや製品によってけっこうな差があるのが現状です。
 次に重要なのが、地図の正確さです。いくら測位の性能が高くても、地図がいい加減なものだったら意味がありません。
 そしてもうひとつ、地図の“鮮度”も非常に重要です。道は変わらないようでいて、どんどん新しくなり、また通行止めなどの規制状況も刻々と変わっていきます。地図が古いと、無用な遠まわりをさせられてしまったり……といった事態におちいりがちです。
 また、カーナビの「地図データ」は、単に「道路地図」としてだけ機能するものではありません。たとえば「電話番号検索」という機能があります。訪問先の電話番号を入力することで、簡単かつ正確に目的地を設定できる、というものですが、この機能を活用するには、常に最新の電話番号データが必要になることは理解できるでしょう。

 規制や渋滞などの「道路情報」取得については、VICS 【第57回 冬のボーナスで快適なドライブライフを −VICSとETCの仕組み− 】やDSRC 【第73回 もっと安全に、もっと楽しく −DSRCで広がる移動体通信− 】などの通信技術で、どんどん高機能化してきました。そして、やはり通信機能の進化によって、地図更新もリアルタイム化が常識になろうとしつつあります。


通信カーナビの登場
 普及初期のカーナビは、地図データをCD-ROMに収録していました。時が進み、地図を収録するメディアはDVD-ROM、そしてハードディスクへと進化してきました。最近のPNDでは、メモリーカード【第68回 メモリーストレージ - その1「フラッシュメモリー」- 】の類が使われています。
 CDやDVDなどの光学ディスクの場合、地図データを更新しようと思ったら、ディスクそのものを新しいデータが入ったものに交換するしかありませんが、ハードディスクやメモリーメディアでは、データの書き換えができます。
 こちらのほうが圧倒的に便利であるように思えますが、ハードディスクの場合はクルマに固定されているカーナビ本体に、なんらかのインターフェースを介してデータを更新しなければならないのがネックでした。自動車メーカー純正カーナビの場合など、地図を更新するため、ディーラーに1日クルマを預けなければならなかったり……。
 この不便さを解消したのが、通信機能を用いた「差分更新」です。


 まず、地図データの構造自体を「メッシュ」化します。こうすることで、地図データ全体を書き換えなくても、変化があった部分のデータだけを更新すれば、地図はいつでも最新の状態を保てるわけです。
 地図の差分更新は、まずインターネット経由などで入手した更新データを、いったん専用ユニットなどに蓄積してからカーナビ本体へ反映する方式から始まりました。そして2007年からは、いよいよ通信機能を使って更新する方式が登場しました。
 通信インフラとしては、携帯電話の通信網を使います。基本的には、エンジン始動もしくは停止ごとに、規定のエリア(自宅もしくは自車位置周辺の数十km四方程度)と、ルート探索時のルート上に、更新された地図データの有無を確認します。更新データがあったら、その部分のデータだけをダウンロードして反映します。メッシュ化によってデータ量は小さくなっていますから、携帯電話程度の通信速度でも実用に耐えられるわけです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。