TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第90回 Webで動画を楽しもう! −Flashムービーとコーデック−
テクの雑学

第90回 Webで動画を楽しもう! 
−Flashムービーとコーデック−

 「YouTube」や「ニコニコ動画」など、「動画投稿サイト」がすっかり定着しました。ユーザが自由に動画を投稿でき、他のユーザがWWWブラウザで鑑賞できるタイプのWebサイトです。

手軽になったWeb動画の鑑賞
 ネット経由の動画鑑賞をここまで一般化させた功労者は、やはりWebブラウザ用プラグインソフトの「Adobe Flash Player」でしょう。ネット上で動画を公開・閲覧するための仕組みは、WWWの普及期から数多く展開されてきましたが、YouTubeがここまでポピュラーな存在になった理由は、1)世界的にブロードバンド回線環境が整いつつあったこと 2)誰もが自由に投稿できる手軽さ 3)WWWブラウザにFlash Playerさえインストールしておけば、特別な設定なしで動画を楽しめる気軽さ によるところが大きいはずです。

Flashの登場
 「Adobe Flash」のルーツは、FutureWave Software社が1996年に発表したアニメーション作成ソフト「FutureSplash」にまでさかのぼります。1997年、マルチメディアコンテンツ用オーサリングツール「Director」で頭角を現していたMacromedia社がFutureWave社を買収。FutureSplashはMacromedia社のリッチコンテンツ用統合環境「Shockwave」の一部「Shockwave Flash」と位置付けられ、おもにWebブラウザ上でアニメーション環境を実現する技術として、Webブラウザ用プラグインソフト「Flash Player2」とともに公開されます。ちなみに「Flash」は「FutureSplash」が語源です。
 その後、1998年のバージョン3ではインタラクティブ・コンテンツに対応するなど、バージョンアップとともに機能を拡張。2005年にMacromedia社がAdobe Systems社に買収されてからは「Adobe Flash」として、Webアプリケーション統合環境にまで発展しています。
 その機能のひとつとして実現されたのが、通称で「Flashムービー」と呼ばれる動画ファイル環境です。Flashのバージョン6からサポートされ、代表的な拡張子から「FLV形式ムービー」とも呼ばれるこの動画ファイルフォーマットは、ファイルサイズに対する画質の良好さなどから、ネット上で公開される動画の事実上の標準の座に就きつつあるといっても過言ではありません。

コンテナ構造

 さて、FLV形式ファイルも、他の動画ファイルフォーマットと同様、「コンテナ構造」を採用しています。コンテナ構造とは、さまざまな種類・形式のデータをひとまとめにして格納でき、定義に沿ってプレーヤーで再生できる構造を指します。

 通常、動画ファイルを再生するためには「コーデック」と呼ばれるソフトウエアが必要になります。コーデックは「COmpressor DECompressor」の略で、動画や音声データのエンコード(符号化)とデコード(復号)を、双方向に行える装置やソフトウエアを指します。現在、デジタル動画の標準である「MPEG」も、音声ファイルの「mp3」も、コーデックの一種です。

 なぜ、コーデックが必要になるかといえば、多くの場合、動画ファイルの映像部分や音声部分は「圧縮」が行なわれているからです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。