TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第81回 年末に向けてパソコンの大掃除を!
テクの雑学

第81回 年末に向けてパソコンの大掃除を! 
−あなたのパソコンは病気にかかっていませんか?−

 インターネットを悪用した犯罪行為が増えてきています。インターネットに接続されたパソコンにマルウェア(コンピュータやネットワークに対して悪い影響を与えるソフトウェア)をこっそり侵入させ、ディスクに保存されているデータを抜き取ったり、操作を記録してクレジットカード番号やパスワードを盗んだり、あるいは外部からパソコンを操作して他のコンピュータを攻撃するのです。インターネットを利用しているうちに、あなたのパソコンにも、マルウェアがいつのまにか侵入しているかもしれません。

巧妙化してきたマルウェア感染の手口
 マルウェアは、電子メールの添付ファイルやインターネットのウェブサイトからパソコンに入り込みます。とはいっても、少し前までは、「怪しいファイルを開かなければ大丈夫」「電子メールの添付ファイルに注意すれば大丈夫」と言われていました。

 ところが最近は、その常識が通用しない手口が増えています。Webブラウザの脆弱性(弱点)をついて、一見普通のWebサイトに見えても、ひそかにマルウェアを自動的にダウンロードするページを見えないように表示していたり、動画や画像を表示するためのプラグインのふりをしてマルウェアをダウンロードさせるといったものです。




 電子メールも安全ではありません。画像を貼り付けたり、他サイトへのリンクができるHTMLメール(Webページを記述するHTML形式で記述されたメール)が普及してきており、こうしたメールは開いただけでWebサイトと同様にマルウェアをダウンロードしてしまう危険があります。

 他にも、画像ファイルのように見せかけて、開くとマルウェアがダウンロードされてしまうタイプのもの(実際に開くと画像が表示されるので気づきにくい)など、感染の手口はどんどん巧妙化しています。

感染するとどうなるの?
 マルウェアの形態はさまざまですが、代表的なものとしては以下のようなものがあります。
  • ウイルス
    既存のファイルの一部に悪意のあるコードを埋め込むタイプのもの。メールなどを通して感染していく。
  • ワーム
    それ自身が単体でネットワーク上で増殖するマルウェア。
  • トロイの木馬
    一見有益なプログラムのふりをして入り込むマルウェアの総称。
こうしたマルウェアは、以下のような作用をします。
  • バックドア
    ネットワーク経由で外部からコンピュータに侵入し、操作できるようにコンピュータの設定を変更します。
  • スパイウエア
    ユーザーのコンピュータ内の情報や操作を記録し、外部に送信します。キー入力を監視する「キーロガー」が代表的です。
  • アドウエア
    ユーザーの意思に関係なく、広告などのメッセージを表示します。
  • フラッダ(Flooder)
    外部のコンピュータに対してDDoS攻撃(特定のサーバーに対する一斉アクセス)をしかけます。
  • ドロッパ(Dropper)
    他のマルウェアをダウンロードします。
 また、マルウェアを組み合わせることで、感染したパソコンをボット(bot)化することができます。ボットとは、自動的に命令をするパソコンのことです。bot化した多数のパソコンに同時に命令を送信することで、いっせいにスパムメールを送信したり、DDoS攻撃を仕掛ける「ボットネット」が大きな問題になっています。

 つまりマルウェアに感染すると、自分のパソコンにある大事な情報を盗まれる可能性があるだけでなく、自分のパソコンがネットワーク上で他のコンピュータを攻撃するための道具にされているかもしれません。被害者になるだけではなく、知らないうちに加害者になっている可能性があるのです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。