TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第77回 これからの電気は貯めて使う! -ナトリウム硫黄電池の仕組み-
テクの雑学

第77回 これからの電気は貯めて使う! -ナトリウム硫黄電池の仕組み-

 猛暑だった今年の夏は、首都圏の大規模停電の危機が身近に迫った夏でもありました。7月に発生した新潟県中越沖地震の影響で、東京電力柏崎刈羽原子力発電所の原子炉がすべて運転を停止したため、東京電力の発電施設だけでは、必要な最大電力需要をまかなえるだけの発電ができなくなっていたのです。

 とはいっても電気の使用量は気温や時間帯によって違うはず。使用量の少ない時に電気を蓄えておいて、使用量の多い時に使えば、停電の危機は回避できるのではないでしょうか。そのような目的で研究が進められているのが、ナトリウム硫黄電池(NAS電池)を利用した、電力貯蔵システムです。

備蓄ができない電気の事情
 水やガスと異なる電気の大きな特徴として、「発電所で作られた電気はそのまま送電される」ということがあげられます。電力会社では、夜間など需要が少ない時には発電量を減らし、昼間や猛暑・極寒で電力需要が多い時には発電量を増やすことで、電力需要の増減に対応しています。つまり、需要がもっとも多い季節と時間帯に合わせた発電設備がなくては、需要のピーク時に電圧低下や停電を引き起こすことになってしまいます。

 現在停止している柏崎原子力発電所は東京電力の電力供給量の約1割強を担っていたため、猛暑となったこの夏、予測では首都圏では発電量が電力需要に追いつかず、大規模な停電の発生が懸念されました。毎日のニュースで電力需要量について報道されていたのを記憶されている方も多いのではないでしょうか。東京電力では、利用者に節電を呼びかけるとともに、他の電力会社から電力を融通してもらうことで、この危機を回避したのです。

 このように、各電力会社では、ピーク時の電力量をまかなえる規模の発電設備を用意しています。しかし、ピーク時に対応できる発電設備は、言い換えればそれ以外の時期には一部が無駄になってしまうということでもあるのです。

 電気が不要な時に電気を貯めて、必要な時に使えれば、発電設備を効率的に利用できます。そのための技術として、今、電力会社が中心となって研究と実用化が進められているのが、ナトリウム硫黄電池(NAS電池)を利用した電力貯蔵システムです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。