TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第76回 見える運転で安全に −自動車の最新認知機能−
テクの雑学

第76回 見える運転で安全に −自動車の最新認知機能−

 自動車の進化のテーマのひとつに「知覚化」があります。この機能の高度化なくして、さまざまな「運転支援」、そして「自律化」は実現できません。
 今回は、自動車の知覚化を促進させる上で重要な「認知」機能についてとりあげてみましょう。

運転のリスク回避には
 人間は、常日ごろから特に意識することなく五感を駆使して周囲の情報を集め、状況を判断することで身体・生命の安全を確保しています。視覚、聴覚はいうに及ばず、触覚によってモノの重さや硬さを判断する、皮膚感覚で風向きや気温を感じ取る……といった「認知」を繰り返すことで、身に迫る危険を察知しているわけです。嗅覚や味覚も、「違和感」によって身の安全を確保する役割を持っています。

 ドライバーが運転中、状況の認知・判断のために使っているのはおもに視覚と聴覚ですが、状況によってはこれらの感覚がスポイルされてしまうこともあります。
 なかでも、視覚の制限は状況認知の大敵ですが、運転中はこれが避けられません。車内から外部の状況を見渡そうとしても、自動車のボディ自体が視野をさえぎってしまい、いわゆる死角が生じてしまいます。路地から出て行くような場合も、直近にある塀などの構造物が視野をさえぎりますし、直交する道の状況を確認するためには、ボンネットの長さの分だけ先に進まなければならないことも、事故のリスクを高める大きな原因となってしまいます。

 自動車の運転中に限った話ではなく、見えている=認識できている危険にわざわざ近寄っていく人はいません。つまり、危険な状況におちいってしまう最大の原因は「見えていない」ことです。逆にいえば、見えていない部分を「見える化」することで、自動車の運転に伴うリスクは大きく低減できると考えていいでしょう。

「見える化」のためのさまざまな機能
 では、いったいどのようにして「見える化」するのでしょうか? 以前からボディ形状の工夫やバックミラーのワイド化などによって死角を減らす努力は積み重ねられてきましたが、そのような手法では死角を完全になくすことはできません。そこで昨今、主流となりつつあるのが、自動車自体に周囲の状況を認知する機能を持たせることで、見えない部分を見える化する方向性です。
 具体的には、各種のセンサなどを用いて、自動車に昆虫などの触角、もしくはコウモリやイルカなどが用いているエコーロケーション・システムのような機能を自動車に持たせる、というものです。

DSRCの概要イメージ
※資料提供:ボッシュ株式会社

 現在、自動車に用いられている知覚化のためのデバイスは、大別すると音波(超音波)を使うもの、レーダーなど電波を使うもの、そして光学情報(画像応用など)を用いるものに分類できます。
 これらは互いに「得意分野」があります。超音波はコンパクトかつ低コストにシステムが構成できますが、センシングできる範囲があまり広くなく、せいぜい周囲数メートル程度。レーダーは長距離センシングに向き、200m程度の距離までフォローできますが、特にミリ波を用いるものでは横方向が見えにくく、悪天候にもやや弱いのが弱点です。ビデオカメラによる画像認識は、「水平三角法」などによって周辺物との距離を測定できることに加え、画像処理によって様々な応用がやりやすい反面、あまり広範囲や長距離にわたっての検出は得意ではありません。
 つまり、それぞれの得意分野を活かし、苦手分野を補いあえるよう、用途に応じて適切に組み合わせて用いることが、開発上の大きなポイントとなってくるわけです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。