TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第72回 パソコン購入の新たな決め手 −進化するチップセット−
テクの雑学

第72回 パソコン購入の新たな決め手 −進化するチップセット−

 パソコンを買うとき、みなさんはスペックのどんな部分に注目していますか? 今、パソコンを買う上で注目すべき点を筆者なりにアドバイスさせてもらうなら、
  1. 「チップセット」の種類は?
  2. GPUは専用か? それともチップセット内蔵型か?
  3. CPUはデュアルコアかシングルコアか?
  4. メモリの搭載量は?
 になります。今回は、1. と 2. であげている「チップセット」について説明しましょう。

チップセットはパソコンの背骨
 チップセットは「コアロジックチップセット」の略称です。簡単に説明すると、パソコンの“主骨格”である『マザーボード』上の機能を実現する回路を、1つもしくは数個のLSIにまとめたもの、ということになります。
 よく言われる、「CPUはパソコンの頭脳、メモリは手足に該当する」といった比喩を用いるなら、チップセットは背骨と脊髄に該当するものと考えていいでしょう。

 「パソコン」を構成する要素を極限まで切り詰めると、「BIOS」と「CPU」「メインメモリ」、そして「CPUとメインメモリの間のコントローラ」になります。実際、大昔のマザーボードは、この程度の機能しか備えていませんでした。
 たとえば、そこにハードディスクを装着しようと思ったら、ハードディスクを制御するためのロジック(回路)を搭載したインターフェースボードを購入し、マザーボード上の拡張スロットに装着して、そこにハードディスクを装着する、という手続きが必要だったのです。
 そのうちハードディスクが普及し、一般ユーザー向けパソコンでもポピュラーなものになってくると、いちいち専用のインターフェースボードを用意しなくてもすむように、マザーボード自体にハードディスク制御用ロジックを搭載してしまうことが常識化してゆきます。制御用ロジックがマザーボードに搭載されていれば、BIOSで制御できるのでより安定した動作が見込めるといったメリットがありますし、製造側にとっても、部品点数が減るので組み立てやすくなり、コスト的な負担が減ります。
 同様に、音源、ビデオ表示機能、ネットワークインターフェース、果てはRAIDコントローラなどなど、マザーボードは搭載する機能をどんどんと増やしてゆきます。それらの機能自体は専用のLSIを搭載するとして、統合して制御するための仕組みはチップセットに委ねられます。
 このようにして内蔵する機能をどんどん増やし、かつ高性能化を追究してきたチップセットは、いまやパソコンの性能を最も大きく左右する存在であると言っても過言ではありません。

AMDが2008年に投入を予定している、モバイルパソコン向け新アーキテクチャのシステム構成図。イラスト上部が新しいデュアルコアCPU(開発コードGriffin)。下部が対応するチップセット(開発コードPuma)の構成図だ。「RS780」がノースブリッジ、「SB700」がサウスブリッジに相当する。CPUとノースの間をつなぐシステムバスは、高速な転送速度を実現するハイパートランスポート3.0をベースに拡張し、システム負荷に応じてリンク速度を5段階に変更、省電力とパフォーマンスの両立を図っている。ノースブリッジにはGPU機能とPCI Express Generation 2コントローラを内蔵。GPU機能はDirectX 10に対応。また外部GPUを使う場合、AC電源駆動時は外部GPU、バッテリ駆動時は内蔵GPUへ自動的に切替える「PowerXPress」機能を備える。ディスプレイコントローラは2系統独立で、アナログディスプレイ端子、TV出力端子、DVI端子、HDMI端子(オーディオ出力対応)に加えて、新規格「DisplayPort」にも対応する。サウスブリッジは14個のUSB 2.0、6個のシリアルATA、パラレルATA、PCIインターフェースを内蔵。またフラッシュメモリ専用バスを備え、Windows VistaのReadyBoostやReadyDrive機能に対応する。ちなみにCPUは負荷に応じて2個のコアを別々に9段階の動作速度に調整する機能を備えている。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。