TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第69回 お肌を守る微粒子達 - 日焼け止めのナノテクノロジー -
テクの雑学

お肌を守る微粒子達 - 日焼け止めのナノテクノロジー -

 5月も半ばを過ぎ、夏に向けて日差しが強くなってくるのが感じられる季節になりました。夏の必需品といえば日焼け止めです。地上に降り注ぐ紫外線の量が最も多いのは、実は夏至の前後の5月〜7月にかけてなのです。今回のテクの雑学では、日焼け止めのテクノロジーについて紹介しましょう。

梅雨の晴れ間のこんな日も、紫外線はとっても多いんです!

日焼けの仕組み=日焼けを起こす紫外線には2種類ある
 日焼けの原因は、太陽光線の中でも波長の短い「紫外線」です。目に見える光(可視光線)の中でも最も波長の短い紫よりもさらに短い波長の光なので、紫外線(Ultra Violet)と呼びます。

 紫外線は、さらに波長の長さによってUVA(400〜315nm)、UVB(315〜280nm)、UVC(280nm以下)の3種類に分類できます。そのうち、日焼けの原因になる紫外線はUVAとUVBです。UVCは上空のオゾン層で吸収されるため、地表には届きません。余談ですが、UVCは殺菌力が強く、長時間浴びると遺伝子を損傷する可能性があるなど非常に危険です。フロンガスによるオゾンホール(オゾン層の穴)の拡大が深刻な問題といわれるのは、そのためです。

 UVAとUVBは、肌への作用が異なります。日焼けといえばまず肌が赤くなり(サンバーン)、2〜3日で赤みが落ち着くと同時に黒くなって、数週間〜数ヶ月続きます(サンタン)。サンバーンはUVBの作用、サンタンはUVAの作用です。日焼け止め剤は、UVBとUVAの両方を防がなくてはいけません。

SPFとPAってどう違うの?
 市販されている日焼け止めには、強さを表す指標として、「SPF」と「PA」が表記されています。SPFはUVBを防ぐ度合い、PAはUVAを防ぐ度合いをそれぞれ表しています。

 SPFは、具体的には「何も塗らない肌と比べて、同じ強さの紫外線を当てたときに、赤くなるまで何倍の時間がかかるか」を測定し、数字で表したものです。例えば、何も塗らないで20分で肌が赤くなる時に、SPF15の日焼け止め剤を塗っていれば、赤くなるまでに20×15=300分かかる、という意味になります。数字が大きくなるほど赤くなるまでにかかる時間が長い=UVBの遮断効果が高い、ということになります。

 PAはUVAをどの程度防ぐかの目安となります。PA+、PA++、PA+++の3段階があり、+の数が多いほどUVAの遮断効果が高くなります。

反射するか、吸収するか?
 日焼け止めに含まれる紫外線を防ぐ成分は、大きく2つに分けることができます。1つは、紫外線を反射する紫外線散乱剤であり、もう1つは紫外線そのものを吸収して化学反応で熱や赤外線に変える紫外線吸収剤です。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤

 紫外線反射剤は昔から白粉などに使われていた酸化亜鉛、酸化チタンなどが主成分で、安全性は比較的高いとされています。「ノンケミカル」などと表示されている日焼け止めは、紫外線反射剤だけを使用しています。肌にはやさしいのですが、微粉末を顔につけることになるので、色が白っぽくなることや、こまめな塗りなおしが必要になるという欠点があります。

 紫外線吸収剤は、メトキシケイヒ酸オクチル、オキシベンゾンなどの有機化合物で、化合物の種類によって吸収できる紫外線の種類が異なります。色がつかないこと、強力な紫外線カット効果が期待できる長所があります。しかし、皮膚表面での発熱や、発熱時の化学反応により紫外線吸収剤の分子が壊れることで肌に有害な物質が生じることもあり、肌のトラブルの原因になることもあります。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。