TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第67回 てんぷら油で車が走る!
テクの雑学

てんぷら油で車が走る! −パリ・ダカールラリーを完走したバイオディーゼル燃料の実力−

 この冬の日本は記録的な暖冬で、あらためて地球温暖化の影響が懸念されています。温暖化の原因となる温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)が増える大きな原因の一つが、車の燃料として使われるガソリンや軽油などの化石燃料です。これらの消費を抑えるための代替燃料として注目されているのが、バイオディーゼル燃料です。

バイオディーゼル燃料って何だろう?
 バイオディーゼル燃料とは、ナタネ油、大豆油などの植物油を原料にしたディーゼル燃料です。油(油脂)とは、粘度の高いグリセリンに脂肪酸が3つ結合された形をしており、炭素・水素・酸素などを主な成分としています。この油脂をメタノール(メチルアルコール)と触媒を加えて化学反応させる(エステル化する)ことで、グリセリンと脂肪酸メチルエステルに分離します。さらに、蒸留処理をしてメタノールを除去することで、元の油の粘度を下げ、軽油と混合したり、あるいは軽油の代わりに使える液体燃料にしたものです。

バイオディーゼル燃料とは

 ディーゼルエンジンは、1892年にドイツ人のルドルフ・ディーゼル氏によって発明されましたが、はじめて実演された1900年のパリ万博で使われていたのはピーナッツ油、つまりバイオディーゼル燃料でした。最近注目されるようになった新しい燃料のように思えますが、実は昔から使われていたのです。

「カーボンニュートラル」だから環境にやさしい
 昔からあったバイオディーゼル燃料が今また注目されているのは、バイオディーゼル燃料は「カーボンニュートラル」な燃料だからです。
 石油や、石油を原料とする軽油は、化石燃料と呼ばれます。化石燃料を燃焼させて発生する二酸化炭素は、何万年もかけて地中に閉じ込められた炭素と酸素からできています。つまり、空気中の二酸化炭素の量が増えてしまいます。

 一方、バイオディーゼル燃料を燃焼させて発生する二酸化炭素は、原料となる植物が、成長する過程で空気中の二酸化炭素を体内に取り込んだものです。つまり、せいぜいここ数年以内に空気中に存在した二酸化炭素がまた戻されているものなので、空気中の二酸化炭素の量が増えることはありません。

 地球温暖化の大きな原因として二酸化炭素の増加が挙げられているのは皆さんご存知の通りです。バイオディーゼル燃料は、二酸化炭素を増やさない、すなわちカーボンニュートラルなエネルギーなのです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。