TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第62回 いつの時代もいい音で −CDの「デジタル・リマスタリング」ってなんだ?−
テクの雑学

いつの時代もいい音で 
−CDの「デジタル・リマスタリング」ってなんだ?−

 筆者が音楽——この場合、端的に「ロック」を指すわけですが(笑)——を意識的に聴き始めたのは、中学に入って間もない頃。今から30年近くも前の話になります。
 当時、音楽を一般市場に供給する媒体は、アナログレコードとカセットテープのみだったわけですが、今にして思えば、レコードなどは取り扱いがけっこう面倒な媒体だったものです。

昔ながらのレコーディング
 たとえばレコードは保管状態が悪いとあっけなく反ってしまいましたし、再生中に地震でも来ようものなら、針が盤面を横滑りして再起不能にしてくれます。そもそも針と盤面の摩擦自体によるノイズが出ますし、再生前にはクリーナーで念入りに盤面からノイズの原因となるチリやホコリを除去するわけですが、それでも片面を通してまったくノイズなしに再生できることはたいへん希だった記憶があります。時には溝の奥深くに入り込んだチリを取り除くため、盤面に木工用ボンドを塗付し、乾燥したら剥がす……といった「儀式」にまで足を踏み入れていました。

 ですから、高校生になって音楽用CDが世に出た頃は、まさに革命! と、激しく感動したことを、今でも鮮明に記憶しています。

 さて、CDが一般市場向け供給メディアの中心になってからも、レコーディングの現場で用いられていたのは磁気テープでした。まず、スタジオで曲ごとのドラムならドラム、ボーカルならボーカルを、それぞれ別個の「トラック」として、「マルチトラックテープ」に録音します。さらにトラックごとの音量調整、各種イコライジングやエフェクトなどの処理を施す「ミックス」作業を施します。アルバムの場合は、各曲を順番に並べたり、曲間のつなぎ目をフォードインさせるのか否か? 曲同士の音量バランス調整を行なう……といった編集作業を経て、最終的に2chステレオに「トラックダウン」を行ないます。その結果出来上がるのが、カッティング(プレス用の原盤作成)→プレス工程の担当社へ納品するための「マスターテープ」です。

[ 昔ながらのレコーディング作業の流れ ]

1. マルチトラックテープにパートごとの録音を行ない
マルチトラックテープにパートごとの録音を行ない
2. ミキシング→2chへのトラックダウン作業を経て
ミキシング→2chへのトラックダウン作業を経て
3. カッティング作業で原盤を作成する→プレス工程で生産
カッティング作業で原盤を作成する→プレス工程で生産

音楽の世界もデジタルへ
 配布媒体がCDになると、ここに「アナログ→デジタル変換」の行程が加わります。納品したマスターテープ=アナログ音源をデジタルデータ化する行程です。これが「デジタル・マスタリング」作業の始まりと言っていいでしょう。
 CDの登場後しばらくは、そのために使えるものがソニーの「PCM-1610」「PCM-1630」というPCM(Pulse-Code Modulation パルス符号変調)プロセッサしか存在しなかったこともあり、「CDの音」は、特定の可聴帯域と音色の範囲に留まっていた感がありました。それがゆえ、「レコードの方が音がいい」などと言われていた、という見解もあります。

 しかし、その後音楽用デジタル機器の性能が急速に進化したことにより、レコーディングからマスタリングに至る作業の自由度は飛躍的に向上します。さらにパソコンの処理性能向上、digidesign社の「Pro Tools」など、録音データをすべて「波形」としてビジュアルに編集できるソフトウェアの登場などにより、一度録音したデータを自由自在に加工することが、パソコンレベルでも可能になりました。
 実際に楽器を演奏して「録音」をしなくても、サンプリングした音源を使ってソフトウェア上で「楽曲」に組み上げてゆくことで、「音楽」を作ることすら容易なものです。この作業をして、コンピュータ上で雑誌や書籍の編集作業を行なうDTP(DeskTop Publishing)になぞらえ、DTM(DeskTop Music)もしくはDTR(DeskTop Recording)と呼ばれる世の中になったわけです。

 それによって、「レコーディング」の形態もさまざまになりました。
 今でも一定期間、スタジオに日参したり、合宿に近い形でのレコーディングを行なう人も多いようですが、スタジオで録音するのはドラムとボーカルだけ、残りのパートは自宅でハードディスクやDATにライン録音し、ミキシングやトラックダウンに関してだけ再度スタジオに集まって相談しながら作業を進めたり、極端な場合はメンバーの誰かの家で作業してしまうことも珍しくありません。

 また、もはや小規模な配布や販売にプレス原盤の作成は不要です。特に大量生産する必要のないインディーズバンド等の場合、パソコン上のオーサリングソフトでファイルをCD-DA形式にしてマスター用のCD-Rに焼き付ければ、あとはそれをコピーするだけで「商品」としてのCDが完成してしまいます。

[ DTR作業の流れ ]

1. ドラムとボーカルパートだけをスタジオで録音(もしくは、サンプリング音源を使って、これもサンプラー+シーケンサーもしくはPCのソフト内部で作成)
1. ドラムとボーカルパートだけをスタジオで録音(もしくは、サンプリング音源を使って、これもサンプラー+シーケンサーもしくはPCのソフト内部で作成)
2. 他パートの演奏者は、それを聞きながら自宅でDATやパソコンに録音
2. 他パートの演奏者は、それを聞きながら自宅でDATやパソコンに録音
3. スタジオやメンバー宅へデータを持ち寄り、パソコンを使ってミキシング→2chへのトラックダウン作業を行ない、アマチュアならそのままCD-Rに焼いて「マスターディスク」を作り、これをデュープして販売なり配布なりする。プロはマスタリングスタジオに作業依頼してからプレス工場へ。
3. スタジオやメンバー宅へデータを持ち寄り、パソコンを使ってミキシング→2chへのトラックダウン作業を行ない、アマチュアならそのままCD-Rに焼いて「マスターディスク」を作り、これをデュープして販売なり配布なりする。プロはマスタリングスタジオに作業依頼してからプレス工場へ。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。