TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第58回 キャパシタvsバッテリ −ハイブリッド車用蓄電器の本命は?−
テクの雑学

キャパシタvsバッテリ −ハイブリッド車用蓄電器の本命は?−

 ハイブリッド車と呼ばれるクルマもずいぶん一般化してきました。しかし、その実態はさまざま。省燃費に徹したモノもあれば、モータを「電気ターボ」的に使うようなクルマもあります。また、初代トヨタ・プリウスが採用したことで主流となっていた「シリーズ+パラレル」型に加えて、「モータアシスト型」と呼ばれるタイプの機構を持つクルマも登場するなど、ハイブリッド車の世界は日々、進化を続けています。

ハイブリッド車の構造
 ハイブリッド車のルーツは電気自動車にあります。電気自動車の最大の弱点のひとつである航続距離を伸ばすために、発電装置としてのエンジンを搭載したことがすべてのスタートで、そこから徐々にエンジンとモータを動力源として並列的、もしくは相互補完的に使う、という発想に変貌して来ました。レシプロ/ディーゼルエンジンは、一般的な特性として、低回転時や高負荷時のトルクが小さいのです。モータは逆に低回転時から大きなトルクを発生し、高負荷時にも強い特性を持っています。これらがお互いに「不得意領域」を補い合うこと、またアイドリングストップを可能とすることで、ハイブリッド車は省燃費やドライバビリティの向上を実現しているのです。

モータアシスト型ハイブリッド車の構造

 ハイブリッド車の真価は、「状況に応じてエンジンを使わなくても走れる」ことだけではなく、従来はブレーキング時に発生し、そのまま無駄に捨てていたエネルギーを「回生ブレーキ」によって回収し、動力として再利用する点にあります。
 「回生ブレーキ」とは、駆動用に使っているモータを発電機として作動させ、運動エネルギーを電気エネルギーに変換して回収、制動をかける電気ブレーキの一手法です。モータを通電させず、なんらかの力を使って通常とは逆方向に回転させると電力が発生することはご存じでしょう。簡単に言えば、その原理を利用したエネルギー回収の手法で、制動時だけではなく、発電時の回転抵抗によっても利用できます。

 ハイブリッド車を構成するキーデバイスは、「蓄電器」「モータ」「動力伝達機構」「インバータ」「制御」の5つと考えていいでしょう。このうち、今回は「蓄電器」に注目した話をしてみたいと思います。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。