TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第57回 冬のボーナスで快適なドライブライフを −VICSとETCの仕組み−
テクの雑学

冬のボーナスで快適なドライブライフを −VICSとETCの仕組み−

 12月の足音がそろそろ近づいてきて、2006年ももうすぐ終わりです。12月といえば楽しみなのが冬のボーナス。車の購入を検討している読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。購入時に、検討するのがカーナビゲーションシステムやオプションですが、最近はVICSやETCという言葉を聞くことが増えています。今回のテクの雑学では、VICSとETCの仕組みについてみていきましょう。

ITSとは何か
 VICSやETCという言葉はかなり知られるようになってきましたが、これらは、ITSと呼ばれるシステムの中の一つの技術です。

 ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)とは、コンピュータやネットワークなどの情報通信技術を使って、事故や渋滞などの道路交通問題を解決し、より安全、快適な移動を実現するためのシステムです。1996年2月21日に高度化情報通信社会推進本部により発表された「高度情報通信社会推進に向けた基本方針」に基づき、当時の警察庁、通商産業省、運輸省、郵政省、建設省の5省庁が中心となってとりまとめた、「道路・交通・車両分野における情報化実施指針」がその構想の元になっています。

 同指針では、ITSのカバーする分野として、以下の9つの開発分野を挙げており、このフレームワークにもとづいて基礎研究からシステム開発が精力的に進められています。
  1. ナビゲーションシステムの高度化
  2. 自動料金収受システム
  3. 安全運転の支援
  4. 交通管理の最適化
  5. 道路管理の効率化
  6. 公共交通の支援
  7. 商用車の効率化
  8. 歩行者等の支援
  9. 緊急車両の運行支援
(国土交通省道路交通局 ITSホームページより抜粋)

道路の情報を広く集めて知らせる仕組み「VICS」
 VICS(Vehicle Information and Communication System)は、ITSの9つの分野のうち、1番めの「ナビゲーションシステムの高度化」のための基盤となる技術です。具体的には、カーナビや高速道路に掲示されている渋滞情報表示などで利用されています。カーナビの普及にともない、現在は年間300万台前後の端末が出荷されています。

 VICSで配信される情報は、警察や道路管理者から財団法人日本道路情報センターを通じて提供されます。この情報を、FM多重放送、電波ビーコン、光ビーコンの3つのメディアで発信します。

VICSのしくみ

 FM-VICSは、FMラジオ局が放送する電波で提供される情報です。広域の情報で、文字や簡略化された図形で提供されます。

FM多重放送

 電波ビーコンは高速道路用のメディアで、進行方向の前方200km程度の高速道路、インターチェンジ付近の接続道路や一般道路情報について、渋滞情報や区間を通過するための所要時間などが提供されます。

電波ビーコン

 光ビーコンは、一般幹線道路沿いに埋め込まれたビーコン送信機から、カーナビなどに搭載された車載ビーコンユニットに赤外線で渋滞情報を送信します。送信される情報は、進行方向の前方30km、後方1kmの一般道路と高速道路の渋滞情報、区間を通過するための所要時間、駐車場情報、規制情報などです。

光ビーコン

 VICS対応のカーナビは、基本的にFM-VICSには対応していますが、電波ビーコン、光ビーコンはオプションの場合もあります。実際にどの方式のメディアを利用できるか、購入時にはよく確認しましょう。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。