TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第56回 クリーン・ディーゼル・エンジン −その1「DPF」−
テクの雑学

クリーン・ディーゼル・エンジン −その1「DPF」−

 その昔…という話になってしまいますが、ほんの10年ほど前まで、バスやトラックだけではなく、多くの乗用車にもディーゼル・エンジン搭載車の設定がありました。ところが現在は、一部のRV系を除いてほぼ皆無という状況になっています。

 いったい、何故なのでしょう? 答えは「環境問題」です。
 一から話を始めると大変長くなってしまうので、要点だけまとめますと、
  • モータリゼーションの発展に伴い、自動車に由来する数々の社会問題がクローズアップされてきた。
  • 中でも問題視されたのは、交通事故死者の激増と、排気ガス成分中に含まれる有害物質。特にNOx(窒素酸化物。一酸化窒素NO、二酸化窒素NO2などの総称として使われる)は大気中の他の物質と化学反応を起こし、「酸性雨」や「光化学スモッグ」発生の原因になることから、排出量の削減が社会的要請となった。
  • しかし、実際に排気ガス成分が規制されたのはガソリン・エンジンだけで、ディーゼル・エンジンは長年にわたって「野放し」に近い状態。当時の技術レベルでは規制値をクリアすることが技術的に困難だったこと、貨物輸送の主体がトラックに移行しつつある時期であり、運輸業界が猛烈なロビー活動を行ったことなどが原因とされている。
  • しかし、新聞社などがディーゼル車のみ優遇する政策批判を続け、集中キャンペーンを行なうなどした結果、ある時期からNOx排出量に関してだけは、ディーゼル車も規制されることになった。
 ここまでは、まあ、よしとします。しかし、その結果としてもうひとつの問題が放置され続けてしまうことになりました。

粒子状物質?
 ディーゼル・エンジンは燃料に軽油を使うことと、その構造上、燃焼の制御などによってNOx生成値を低減させると、もうひとつの問題点であるPM(Particulate Matter 粒子状物質)の生成量が増大してしまうのです。

 大型トラックなどが、排気管からもくもくと黒い煙を吐き散らかしているのを見ることがあると思います。あの黒煙がPMで、実態は燃料が燃え残ったために生じる「煤(スス)」と考えてかまいません。
 石油ストーブに着火した直後、黒煙が出ることがありますよね?しかし、しばらくすると黒煙は収まります。ストーブの運転時間が長くなるにつれて、バーナー部分の上部に配してあるドーム状などの金属網が高温化し、その部分で黒煙成分を再燃焼させてしまうからです。簡単に言うと、ディーゼル・エンジンのPMは、石油ストーブの金属網を外したような状態で発生するわけです。

 おそらくは…という話になりますが、石原慎太郎東京都知事が会見で、500ccペットボトルに入った煤を振りながら「こんなものが毎日、都内で1日にこのペットボトル約12万本分出ています!」と言ったパフォーマンスが、ディーゼル・エンジンのイメージを悪化させた最大の要因でしょう。あのパフォーマンスがテレビのニュースなどで報じられたことで、環境省などもPM対策に本腰を入れざるをえなくなった、と言われています。

排気中の粒子状物質

 PMは、おおむね1/100ミリ以下の粒子です。あまりに小さく軽いため、大気中を浮遊することから、浮遊粒子状物質(Suspended Particulate Matter)とも呼ばれます。
 大気中にただようPMを大量に吸い込んでしまうと、有害物質の粒子が呼吸器系に付着し、肺ガンや喘息の原因になるとの説があります。また、最近では花粉症の症状を悪化させる原因のひとつではないか?とも言われています。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。