TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第52回 自動車事故を「単なる事故」で終わらせない! −ドライブレコーダー −
テクの雑学

自動車事故を「単なる事故」で終わらせない −ドライブレコーダー −

 実は……という話になりますが、半年ほど前、もらい事故でクルマが全損になってしまいました。
 不幸中の幸いだったのは、事故の相手が誠実な人物だったことです。事故発生に関して全面的に自分に非があることを認め、事故状況についても正直に証言してくれました。運悪く、事故の瞬間の目撃者がいなかったので、もし相手がタチの悪い人物で、偽証などを行なったとしたら、膨大な時間と労力を注ぎ込んだとしても、偽証をくつがえせるかどうか……と考えると、ゾッとさせられます。

事故原因を調査するために −フライトレコーダーの誕生−
 悲しいことではありますが、交通事故に関してお互いに「お前が悪い!」と罵り合うような紛争ごとが、日本全国で相当の数、起こっている現実があります。己の非を認めない不心得者のために、裁判等で貴重な公的コストや時間、そしてマンパワーが浪費されるのは、なんとも不毛な事態です。
 そのような事態を避け、交通事故による紛争の早期解決を実現する切り札として、最近注目を集めているのが「ドライブレコーダー」と呼ばれる装置です。

 ドライブレコーダーの原点は、通称で「ブラックボックス」とも呼ばれる「フライトレコーダー」にあります。
 船舶、馬車、自動車などなど、いわゆる「乗物」が誕生し、発達してゆくことで、文明生活はどんどん豊かになってきました。そして、それらはある時点から蒸気機関や内燃機関など、自然の摂理の範囲を越えた“力”を獲得し、その移動能力を飛躍的に高めてゆきます。
 しかし、その“力”は諸刃の剣でもありました。あまりに大きなものであるゆえ、制御することが難しく、また乗物自体の未熟さもあって、幾多の事故によって尊い人命が失われ続けて来ました。“代償”の一言で済ませるには、あまりに重い事柄です。

 特にその傾向が顕著なのが航空機です。「飛行」という、人類20万年の夢を実現してくれた航空機ではありますが、その性能が向上し、高々度を飛行できるようになればなるほど、いったん事故が起こってしまうと、生存者ゼロという事態に至りがちです。

 事故によって失われてしまった人命は、二度と元に戻すことはできません。せめて、その「死」を「無駄」なものにしないため、残された立場の人々ができることは、不幸にして起こってしまった事故を、「単なる事故」で終わらせないため、事故原因を徹底的に究明し、二度と同じような事故を繰り返さないために努力することだけです。
 しかし、航空機事故についてはむしろ生存者がいるほうがまれですから、墜落に至った原因に関する証言が得られなくなってしまいます。もうひとつ、原因究明の大きな手がかりとなる機体も、墜落のショックによって四散してしまいがちですから、損傷の度合いから墜落の原因を推察することが難しく、これも事故原因を究明する上で大きなネックとなります。

 そこで考案されたのが、墜落事故発生時に、機内と機体にいったい何が起こっていたのか? を常に記録し続けておく装置です。また、その装置は、墜落のショックに耐え、たとえ海中に墜落した場合でも破損せず、回収可能であることも要求されます。そのような発想をカタチにしたものがフライトレコーダー、というわけです。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。