TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第51回 夏の夜空に開く大輪の花 −打ち上げ花火の中はどうなってるの?−
テクの雑学

夏の夜空に開く大輪の花 −打ち上げ花火の中はどうなってるの?−

 夏休みの風物詩といえば、花火。日本各地で開催される花火大会を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。今回のテクの雑学では、打ち上げ花火にスポットをあててみましょう。

花火の歴史
 花火のルーツは、緊急通信用に使われた「狼煙(のろし)」です。紀元前3世紀の中国では、既に火薬の原料となる硝石が発見されており、これが花火の歴史の始まりとされています。

 やがて12世紀後半、中国で、現在の爆竹やねずみ花火に近いものが作られ、広く普及しました。現在でも中国の旧正月には爆竹を鳴らして祝う風景がよく見られますね。この花火は、シルクロードを通ってヨーロッパに伝わりました。

 日本に花火が伝来したのは、戦国時代の末期だとされています。最初の花火は、筒から火花が吹き出す程度のものでしたが、江戸時代にはいり、両国花火大会をはじめとして、各地で花火大会が盛んに行われるようになりました。この時代に有名だったのが、鍵屋と玉屋いう花火職人。花火大会でよく「玉屋〜」「鍵屋〜」という掛け声をかける人がいるのは、その名残です。

花火の構造
 打ち上げ花火にはいくつか種類がありますが、一番一般的なのは「割物」という種類のものです。「菊」「牡丹」などと呼ばれる、同心円状の大きな花火です。

一般的な割物花火の構造

 花火には「星」と「割薬」の2種類の火薬が使われています。「星」は空中で光る火薬、「割薬」は星を勢いよく飛ばすための火薬です。

 花火の玉は球形で、同心円状に星と割薬が配置されています。空中に打ち上げられる時に導火線に火がつき、空中で星と割薬に引火します。星は、光りながら、割薬の爆発で勢いをつけられて放物線状の軌跡を描きながら飛び出します。私達は、このときに光の残像として見える星の軌跡を楽しんでいるわけです。

 玉が大きいほど火薬をたくさん使った、大きな花火になります。「尺玉」「3尺玉」という呼び方は、この玉の直径のことで、花火の大きさの目安になります。
 ちなみに、毎年9月に開催される新潟県小千谷市片貝町の片貝まつりで打ち上げられる「4尺玉」は、玉の直径120cm、重さは420kg、打ち上げの高さ800m、開いたときの直径が800mにもなり、ギネスブックにも登録されています。

 小さな花がたくさん開くタイプのものは「小割物」といいます。

小さな花がたくさん咲くタイプ

 大きな玉の中に、小さな割物の玉がたくさん入った構造をしています。これが破裂すると、まず中に入っている割物の玉が飛び出し、空中でばらばらと光ります。その様子から、千輪菊と呼ばれています。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。