TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.15 デジタル回路を指揮する小さな時計(クロック)
電気と磁気の?(はてな)館

デジタル回路を指揮する小さな時計(クロック)

地球自転の“誤差”を発見した原子時計
 初期の機械時計は1日に1時間近くも狂うきわめて精度の悪いもので、毎日の時刻合わせのため、日時計も併用されていました。太陽が南中(正中)するときが正午なので、日時計のほうがよほど正確だったのです。ちなみに時計の針が右回りなのは、日時計の影が右回りであることに由来するといわれます。
 ガリレイが発見した振り子の等時性を機械時計に応用したのは17世紀オランダのホイヘンスです。振り子時計の登場により、時計の誤差は10秒/日ほどになり、また、20世紀のクォーツ時計の発明により、誤差はいっきに0.5秒以下/日にまで縮まりました。クォーツとは水晶(石英の結晶)のことです。水晶などのある種の鉱物結晶に力を加えると電圧が発生し、逆に電圧を加えると外形が歪みます。これを圧電現象・逆圧電現象といい、1880年、フランスのキュリー兄弟によって発見されました(弟ピエール・キュリーの妻がキュリー夫人)。
 水晶の結晶を切り出して小さな音叉のようなものをつくり、これに交流電圧を加えると、逆圧電現象によってある周波数で共振します。クォーツ時計では共振周波数が32768Hz(2の15乗)の水晶振動子が利用されます。 発生する32768Hzの電気信号を、ICを用いた分周回路(フリップ・フロップ回路)で半分ずつに落とす操作を15回繰り返すことで1Hzの電気信号が得られます。この電気信号を増幅してステッピングモータを駆動、歯車機構で時針・分針・秒針を回転させるのがアナログ式のクォーツ時計です。
 クォーツ時計の精度をさらに上回るのが原子(セシウム原子など)の振動周波数を利用した原子時計です。その誤差は高精度のものでは3000万年で1秒以下という驚異的なもの。この原子時計の開発により、正確無比の回転をしていると考えられていた地球にもわずかな“誤差”があることがわかりました。かといって原子時計に合わせて地球の自転を変えるわけにはいきません。そこで協定世界時(UTC)を定める原子時計は地球の回転に合わせて微調整しています。これが数年に1度挿入される“うるう秒”です(原子時計については、本ホームページTechMag「じしゃく忍法帳 第121回『原子時計と磁石の巻』」をご参照ください)。

水晶発振子を利用したアナログ式クォーツ時計の基本原理

水晶振動子にかわるセラミックチップレゾネータ
 各種デジタル機器におけるクロック信号の発生にも水晶発振子が利用されています。しかし、水晶発振子は周波数精度にすぐれるものの構造的に衝撃に弱く、また小型化やコストダウンが困難という問題をかかえています。そこで、水晶発振子よりも安価で堅牢、小型チップ部品化が可能な圧電セラミックスを用いたセラミックレゾネータが、デジタルカメラやビデオムービー、DVDレコーダといったデジタル機器に利用されるようになりました。
 圧電セラミックスの薄板を電極ではさみ、電極に交流電圧を加えると、ブルブルと震える圧電振動子になります。これは電子機器のアラーム音の音源などに使われる圧電ブザーの原理です。加える交流電圧の周波数を高めていくと面白い現象が起こります。圧電セラミックスの薄板の屈曲運動は、高まる周波数に追随できなくなり、やがて面方向の広がり振動に変わり、ついには厚み方向の縦振動へと移ります。
 縦振動においては、振動子の厚みが薄ければ薄いほど高い周波数が得られます。ところが、セラミックス材料は強度的に薄板化には限界があり、約10MHz以上もの振動の実現は困難です。この問題を解決したのが高調波の利用。高調波というのは、基本周波数の整数倍の振動をいいます。音において基音の2倍、3倍…の振動数である倍音(ハーモニックス)に相当します。
 デジタル機器のクロック周波数の高まりに応え、TDKでは厚み縦振動の3次高調波を利用したセラミックレゾネータも製品化しています。図のように、不要な基本波を抑制し、必要な3次高調波のみを効果的に利用するため、振動エネルギーを小さな空間に閉じ込めた構造となっています。
 レゾネータという電子部品は一般にはほとんどなじみがありませんが、もともとレゾネータとは“共鳴器”という意味。セラミックレゾネータは、圧電セラミックスを振動体とする小さな楽器のようなものと考えれば、少しは親しみやすくなるのではないでしょうか。圧電ブザーが小さい割に驚くほど大きな音を発するのも、圧電振動子が発する音の波長に合わせた共鳴空洞を設けてあるからです。

圧電セラミックスの振動モードと周波数 TDKのセラミックチップレゾネータの内部構造(3次高調波モード厚み縦振動タイプ)

前のページへ | 2/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。