皆様からのご意見・ご要望を募集中!
サイトの品質向上のため、アンケートにご協力をお願いします。
(所要時間:3分程度)

アンケートに答える

後で回答する

回答しない

TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページフェライト・ワールド > 第6回 磁気記録の発展を支えたフェライト
フェライト・ワールド

磁気記録の発展を支えたフェライト

磁気ヘッドは磁気記録装置のキーパーツ
 鉄心にコイルを巻き、乾電池から直流電流を流すと、鉄心は電磁石となり鉄クギを吸いつけます。電流を切ると鉄クギは鉄心から離れますが、わずかながら磁化を残して、弱い永久磁石となります。鉄クギのかわりに鋼線を用い、鉄心のコイルに交流電流を流しながら鋼線をなぞっていくと、交流電流による磁化反転のパターンが鋼線に残ります。この原理を利用したのが、1898年に発明されたポールセンの鋼線式磁気録音機(テレグラフォン)です。鋼線が巻かれた円筒を回転させて、ヘッド(コイルを巻いた軟鉄コア)で鋼線をなぞり、マイクからの音声信号の電流を磁化パターンとして鋼線に記録していきます。再生の原理は電磁誘導です。鋼線をヘッドでなぞると、鋼線に記録されていた磁化パターンの変化に応じて、ヘッドのコイルに起電力が発生して電流が流れます。この電流がスピーカ(マイク兼用)の振動板を震わせて音声を再生します。
 記録メディアとして、鋼線のかわりに磁性粉を塗布したテープを利用したのがテープレコーダです。世界初の実用機は1930年代のドイツで製作され、ラジオ放送などで利用されました。それまでは円盤レコードに、音声の振動を増幅して、機械的に溝を刻み込んでいく装置が使われていました。日本の終戦(1945年)のいわゆる“玉音放送”も、この方式による録音でした。
 日本初のテープレコーダがソニーによって製作されたのは1950年です。NHKが街頭録音などに利用するようになり、ほどなく録音テープもTDKなどにより生産されるようになりました。1960年代になるとカセットテープレコーダやラジカセが登場してテープレコーダは一般にも普及。1970年代には音声ばかりでなく映像信号も磁気テープに記録するVTRが登場しました。もともと放送局用であったVTRを家庭用の小型機として実現したのは、日本の電機メーカーの技術です。
 テープレコーダやVTRの磁気ヘッドのコア材料として多用されたのがフェライトです。磁気ヘッド用材料としては、低損失ですぐれた磁気特性とともに、テープ表面をなぞって記録・再生するために耐摩耗性が要求されます。磁性セラミックスであるフェライトは、磁気特性とともに耐摩耗性にもすぐれるため、ヘッド材料に適していたのです。ただ、フェライトは金属系の軟磁性体よりも飽和磁束密度が低いのが弱点です。そこで、ギャップの近傍に金属系の磁性膜(センダストなど)を配置したハイブリッド型の磁気ヘッドも開発されました。これをMIG(メタル・イン・ギャップ)ヘッドといいます。





前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。