TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物なるほどノイズ(EMC)入門2 > 第7回 PLC(電力線通信)のEMC対策
なるほどノイズ(EMC)入門2

PLC(電力線通信)のEMC対策

近隣への信号漏れを防ぐブロッキングフィルタ
 電力線は家庭内ばかりでなく、近隣の家々ともつながっています。このため、PLC信号が引き込み線を通じて配電線に伝わると、広い範囲でノイズ障害を起こすおそれがあります。一般家庭では電力計、分電盤で信号が減衰することが知られていますが、対策が求められるのは、SOHO、コンビニ、オフィスなどでPLCを利用する場合です。というのも、一般家庭では問題にならない程度の微少な漏洩信号でも外部に漏れてしまった場合、外部からPLC信号が見えてしまう可能性が発生し、セキュリティ的な懸念があるからです。そこで、商業、工業用途で使われるPLCはセキュリティを確保するために、配電盤のところに漏洩防止装置が必要となります。これがPLC用ブロッキングフィルタです。
 PLC用ブロッキングフィルタは一種のLCフィルタですが、電力用の大電流が流れるために、電子機器に用いられるLCフィルタよりも格段に大型となります。TDKではノイズ成分を位相反転させ、逆位相で打ち消す技術を受動回路に応用。また、使用するコア材料を最適フェライト材とすることで、従来の一般的製品と比較して、小型化とともに広帯域にわたる高減衰特性を実現しました。
 PLC用ブロッキングフィルタによって、ノイズ問題がすべて解決するわけではありません。PLCによる家庭内LANや商業用途のLANは、電力線でつながった1つの電子システムです。コンセントにはPLC対応機器ばかりでなく、他の電気・電子機器も接続されています。携帯電話などでは機器内部で発生したノイズがアンテナに回り込むと、液晶画面がちらついたり、突然消えたりする現象が起きます。これは“自家中毒”問題と呼ばれます。このため、アマチュア無線団体、短波ラジオ団体などは、それと同様の現象が家庭内のPLCシステムにおいても生じるのでは、と懸念しています。PLCによる家庭内LANというのは住宅全体がひとつの電子システムになるのと同じですから、自家中毒問題は避けて通れません。仮にPLCの信号が他の機器に悪影響を与える場合や、電気機器がPLCに悪影響を与える場合には問題を解決してお互いを共存させる必要があります。
 たとえば携帯電話の充電器も、品質が悪ければノイズを発生してPLCの通信速度を落としてしまうことも懸念されています。また、ドライヤや電気シェーバ、掃除機など、モータを利用した電気製品が出すノイズも問題です。こうした電気製品が出す端子ノイズが、PLCシステムの信号を邪魔して通信速度を低下させたり、通信を停止したりするおそれがあります。

家庭内LANの種類と特長

PLC用ブロッキングフィルタの基本回路

前のページへ | 2/3 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。