ニュースセンター | プレスリリース

2018 FISフリースタイルスキー ワールドカップ 秋田たざわ湖大会 特別協賛について

  • たざわ湖スキー場で繰り広げられる世界最高の雪上空中戦をTDKがサポートします

2018年2月16日

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、本年3月3日~4日に開催される2018 FIS(International Ski Federation:国際スキー連盟)フリースタイルスキー ワールドカップ秋田たざわ湖大会(以下、秋田モーグルW杯)にゼッケンスポンサーとして特別協賛します。

秋田モーグルW杯は、2018 FISフリースタイルスキー ワールドカップ 、モーグル競技第8戦、デュアルモーグル競技第9戦として、昨年に引き続き国内屈指のモーグルバーンを有する秋田たざわ湖スキー場 黒森山コースで開催されます。世界20か国の強豪国から、トップ選手を含む約150名(コーチ、役員含む)が集結し、男女ともに世界最高峰のモーグルおよびデュアルモーグルの試合を繰り広げます。

TDKにとって重要な拠点である秋田にて開催される世界大会ということに加え、ワールドカップチャンピオンという栄冠をつかむため記録へのあくなき挑戦を続ける選手たちを応援したいという思いから、秋田モーグルW杯を2016年より協賛しております。

また、本年1月27日~28日には「TDKモーグルジュニアキャンプ」を初めて開催しました。過去に2回、冬季オリンピックを経験している畑中みゆきさんを特別講師として迎え、スキー経験のある小中学生16名が世界大会や国内のA級大会でしか用意されないコースを実際に滑り、世界レベルの選手と同じ視点に立った経験をしました。当社は、「世界で活躍できる選手をここから輩出したい」という本キャンプの思いに共感し、本大会の協賛にあわせ社会貢献活動の一環として実施しました。

TDKは、今後とも、スポーツを学ぶ若年層が将来、世界の舞台で活躍できるようになることを期待し、世界の一流アスリート等によるスポーツ教育の機会提供を通じた社会貢献活動プログラムを開発し、世界陸上をはじめとするグローバル規模の協賛イベントにて積極的に展開してまいります。

なお、今回の秋田モーグルW杯におけるTDKの協賛活動としましては、下記のとおりです。

TDKの主な協賛活動

  • 大会名称への冠スポンサー名使用
    2018FIS フリースタイルスキー ワールドカップ 秋田たざわ湖大会 Supported by TDK
    (英文)2018 FIS FREESTYLE SKI WORLDCUP TAZAWAKO・AKITA Supported by TDK
  • 全選手のゼッケンスポンサー(ゼッケンにTDKロゴを表記します)
  • コースサイドバナー広告 28枚掲出
  • スタートゲートにおけるTDKロゴ表記 1枚掲出
  • エア台バナー広告 8枚掲出
  • コース両脇コントロールフラッグ広告 3日20枚、4日30枚掲出
  • フィニッシュコラム広告 2枚掲出
  • エグジットゲートにおけるTDKロゴ表記 2枚掲出
  • 大型モニターにおけるTDKロゴ表記 2枚掲出
  • 表彰式バックウォール広告 27枚掲出
  • インタビュー会場バックウォール広告 18枚提出
  • 大会会場ビデオ・ウォールでの企業CM映像放映(随時)
  • 大会公式ポスターおよびホームページへのTDKロゴ掲出
  • 大会プログラム広告掲載
  • 参考
    2018 FISフリースタイルスキー ワールドカップ秋田たざわ湖大会 公式ホームページ
    http://www.akitamogul.com/

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。
主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、センサおよびセンサシステム、電源です。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。さらに、HDDヘッドやマグネットなどの磁気応用製品、そしてエナジーデバイスやフラッシュメモリ応用デバイス等も提供しています。
アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。2017年3月期の売上は約1兆1800億円で、従業員総数は全世界で約100,000人です。

報道関係者の問い合わせ先

担当者 所属 電話番号 メール
深沢 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6852-7102 pr@jp.tdk.com

PAGE TOP