ニュースセンター | プレスリリース

事業撤退に伴う連結子会社の清算に関するお知らせ

2013年8月29日

TDK株式会社(社長:上釜 健宏)は、2013年8月28日開催の取締役会において、当社の連結子会社であるメディアテック株式会社が、データテープ事業から撤退し清算することについて決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 

  1. 事業撤退の理由
    メディアテック株式会社は、大容量データのアーカイブやバックアップ用として使用されているLTO(Linear Tape Open)を製造、販売しておりますが、近年、テープストレージ市場は縮小傾向にあり、事業環境が厳しいと同時に、今後の成長は困難な見通しとなっております。
    また、現在TDKでは、受動部品を中核事業とした収益の改善を鋭意進めており、グループ全体のポートフォリオの見直しおよび事業の選択と集中を行っております。このような背景から、2014年3月末を目途にデータテープ事業から撤退することといたしました。
    これに伴い、メディアテック株式会社については2014年3月末を目途に清算を行う予定です。
  2. メディアテック株式会社の概要
    (1) 社   名  :  メディアテック株式会社
    (2) 所 在 地  :  山梨県中央市中楯801
    (3) 代 表 者  :  小手川 謙二
    (4) 事業内容  :  LTOなどデータテープの製造、販売
    (5) 資 本 金  :  50億円
    (6) 設立年月日  :  1991年10月11日
    (7) 従業員数  :  144名(8月29日現在。TDK株式会社からの出向者を含む)
  3. 今後の予定
    2013年10月末 生産終了
    2014年 3月末 販売終了、事業撤退ならびに清算結了
  4. 業績への影響
    本件による連結業績への影響は軽微であります。
TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。
主な製品としては、各種受動部品(製品ブランドとしてはTDK、EPCOS)をはじめ、電源、HDDヘッドやマグネットなどの磁気応用製品、そしてエナジーデバイスやフラッシュメモリ応用デバイス等があります。アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。
2013年3月期の売上は約8,500億円で、従業員総数は全世界で約80,000人です。


報道関係者の問い合わせ先
所属電話番号メール
TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6852-7102 pr@jp.tdk.com

PAGE TOP