CSR活動 | 環境

物流CO2排出量削減

目標の背景

TDKでは、温暖化対策への貢献と、輸送効率の向上、輸送コスト削減を目的に、物流CO2排出量削減に取り組んでいます。
日本では、改正省エネ法が施行された2006年度より省エネ物流改善委員会を設置し、物流に関するエネルギー削減活動を実施しています。

2017年度目標と実績

目標

  • 物流CO2排出量を2014年度比2.0%削減

実績

  • 2014年度比11.3%増加

主な活動施策

  • 出荷センター見直し等の施策実施
  • 国際間配送手段の見直し

2017年度の物流CO2排出量は、前年度比9.2%増加の5,564トンとなり、2014年度比11.3%増加となったことから、目標を達成できませんでした。

物流によるCO2排出量の推移(日本)

  •  

今後の取り組み

海外拠点における物流CO2排出量の把握範囲も進め、TDKグループ全体で削減活動の推進に努めていきます。

具体的な取り組み

  • モーダルシフト
  • 生産拠点集約による工場間輸送の効率化

PAGE TOP