TDKの歴史

  • TDKのあゆみ
  • 社会・エレクトロニクスのあゆみ
  • 1930
    磁性材料フェライトの発明
  • 1931
    電子顕微鏡の発明 チャールズ・リンドバーグが北太平洋横断飛行に成功
  • 1935
    レーダーの開発 ドイツでテレビ放送の開始

世界最初のフェライトコアの事業化を目的として、
加藤博士・武井博士のフェライト特許を取得し、
東京市芝区田村町に東京電気化学工業株式会社を設立

家庭に届けた
鮮やかな音と映像。

世界で初めて製品化した
フェライトコアで
ノイズを劇的に軽減

1950年頃までのラジオは雑音や混信が多く、感度も悪いものでした。
フェライトコアを使ったラジオが作られるとノイズが少なくきれいな音で聞こえるようになり、多くの人にさまざまな情報が届けられるようになりました。
高度成長期、テレビの登場により情報は映像の時代となりました。
TDKのフェライトはブラウン管の偏向ヨークコアとして、家庭にも普及するようになったテレビに多用されました。

  • 1937
    蒲田工場完成
    フェライトコアをオキサイドコアと命名し発売
    カラー映画の制作が盛んになる
  • 1938
    交流バイアス式磁気録音方式の発明
  • 1939
    海軍技術研究所、
    フェライトコアを
    船舶無線用として正式採用決定
  • 1940
    ラジオのμ同調用に
    フェライトコアを大量受注
    秋田県平澤町に平澤分工場新設
  • 1945
    蒲田工場焼失(4月)
    フェライト生産再開(10月平澤工場)
    プログラム内蔵式コンピュータの提唱
    通信衛星の考案発表
  • 1947
    スーパーヘテロダイン方式ラジオに必要な
    中間周波トランス用コアの需要急増
    トランジスタの発明
  • 1951
    白黒テレビ偏向ヨーク用コア発売 平澤工場にて並形円筒セラミック
    コンデンサ生産開始
  • 1953
    磁気録音テープ「シンクロテープ」発売 DNAの二重らせん構造を発見
  • 1954
    世界初の
    トランジスタラジオ発売
  • 1955
    円板形
    コンデンサ
    「アルコン」
    発売
  • 1956
    市川工場新設 ハードディスクドライブの開発
  • 1957
    世界初の人工衛星、
    ソ連のスプートニク1号の打ち上げに成功
  • 1958
    ブラッセル万国博
    にて
    パラメトロン
    演算素子
    「パラミスタPM-4」
    がグランプリ獲得
  • 1959
    ICの発明
  • 1960
    TDKとして初のバリウムフェライト磁石発売
  • 1961
    株式を東京証券取引所第一部へ上場 人類初の有人宇宙飛行に成功
  • 1962
    磁気ドラム用フェライトヘッド発売 テレビの衛星通信実験に成功
  • 1966
    シンクロ
    カセットテープ
    発売

「音楽を持ち歩く」ことが
新たなライフスタイルに。

開発した音楽用カセットテープが
爆発的に普及。
TDKの名が世界へ。

レコードやオープンリールテープで室内でしか聞けなかった音楽が、カセットテープに録音して、人々は音楽を持ち歩くようになりました。
生活空間は、いつでもどこでも音楽で満たされるようになりました。
1970年代半ばになると、家庭用VTRが発売され、TDKではカセットテープ技術を応用し高性能なビデオテープを量産しました。

  • 1968
    台湾TDK(TDK Taiwan Corporation)設立 電波暗室発売 米国で音楽用カセットテープ「SD」発売 液晶ディスプレイの発表
  • 1969
    インターネットの研究開発 アポロ11号月面着陸
  • 1970
    磁気ディスク用ガ
    ラスボンディング
    ヘッド発売
  • 1971
    積層セラミックチップコンデンサ発売 マイクロプロセッサの発表
  • 1972
    ウィンチェスターヘッドを開発
  • 1973
    磁気テープ用の
    高保磁力酸化鉄磁性材料
    「アビリン」を開発
    オイルショック
  • 1974
    スイッチング方式電源発売 サマリウムコバルト磁石発売
  • 1976
    縦型リード部品用プリント基板自動挿入機
    「アビサート」発売
    家庭用ビデオレコーダ(VHS方式)発売
  • 1977
    薄型ラジオに積層セラミック
    チップコンデンサ採用
  • 1978
    VHS/ベータビデオテープ発売 体外受精児誕生
  • 1979
    ヘッドホンステレオ発売 セルラー方式自動車電話サービス開始
  • 1980
    積層チップインダクタ発売

より小さく、より高性能に。
TDKがもたらした
家電の大きな進化。

革新的な積層技術により、
家電の軽薄短小化をリード。

積層チップ部品が使われはじめてから、家電の軽薄短小化が一気に進みました。肩から提げて持ち歩いた大きな携帯電話は、片手で持てる携帯電話へ進化しました。
ビデオカメラはパスポートのサイズまで小型化して、手軽に持ち運べるようになり、どこでも簡単にビデオが楽しめるようになりました。
そして今、ほとんどすべてのことがスマートフォン1台で、できるようになりました。

  • 1982
    ニューヨーク証券取引所に上場 コンパクトディスクプレーヤ発売
  • 1983
    社名をTDK株式会社(TDK Corporation)に変更 家庭用コンピュータゲーム機発売 世界初の携帯電話
  • 1986
    香港の磁気ヘッド製造会社
    SAE Magnetics (H.K.) Ltd.を買収
    高温超電導を発見
  • 1987
    薄膜磁気ヘッド発売

「パソコンは一人一台」を
当たり前に。

薄膜磁気ヘッドによって
コンピュータの
小型化・大容量化を推進。

電子計算機と呼ばれていた時代、コンピュータは最先端技術が結集した「大型計算装置」でした。
専門技術者によるプログラム入力が必要で、使える人も限られていました。
1990年代に大容量のハードディスクドライブが開発されると、表計算やワープロ、画像処理など多くのソフトを搭載できるようになり、パソコンはオフィスの必需品になりました。
小型軽量化、大容量化が急速に進みノートパソコンが普及。
インターネットでメールや書類の転送も盛んになり、みんながどこでも使えるようになりました。

  • 1988
    MHD(積層混成集積回路部品)発売 巨大磁気抵抗効果(GMR)を発見
  • 1989
    ベルリンの壁崩壊
  • 1990
    千葉県市川市に
    テクニカルセンター
    完成
    インターネット
    サービス開始
    ハッブル宇宙
    望遠鏡打ち上げ
  • 1992
    記録可能な
    有機色素膜使用
    光ディスク(CD-R)発売
  • 1994
    中国・アモイに現地法人設立 高密度記録AMRヘッド発売
  • 1995
    パーソナル
    コンピュータ
    普及
  • 1996
    クローン羊ドリー誕生
  • 1997
    世界初のハイブリッドカー発売
  • 1998
    GMRヘッド発売 地上デジタルTV放送開始
    (イギリス)
  • 1999
    TMRヘッドの開発に成功 欧州単一通貨ユーロ導入
  • 2000
    デジタル家電時代
  • 2001
    デジタルオーディオプレーヤ発売
  • 2002
    執行役員制導入
  • 2003
    ヒトゲノム解読完了
  • 2005
    PMR(垂直磁気記録素子)ヘッドの発売 秋田県にかほ市にTDK歴史館新設 ポリマーリチウム電池製造/販売会社
    Amperex Technology Ltd.を買収
    電源製品の開発/製造/販売会社ラムダパワーグループ
    (含むデンセイ・ラムダ)を買収
  • 2007
    TDKブランド記録メディア販売事業を
    米国のImation Corp.に譲渡
    スマートフォン米国で発売・普及
  • 2008
    ドイツの電子デバイスメーカー
    EPCOS AGをTOBにより買収
    リーマンショック
  • 2009
    「フェライトの発明とその工業化」が、
    IEEEマイルストーンに認定
  • 2010
    スマート
    社会の到来
  • 2011
    環境基本計画「TDK環境活動2020」策定(2011年4月より開始) 世界の人口が70億人突破
  • 2012
    ジスプロシウム(Dy)フリー・マグネット開発
  • 2014
    記録メディア事業撤退 フェライトが「戦後日本のイノベーション100選」に選定 世界初の燃料電池車発売
  • 2015
    IoT、AI時代の到来 重力波の観測に成功
  • 2016
    Qualcomm社との業務提携ならびに合弁会社の設立(発表) センサメーカーの
    Micronas Semiconductor Holding AGを買収
    TDK歴史みらい館リニューアルオープン
  • 2017
    センサメーカーの
    InvenSense, Incを買収
  • 2018

TDKはこれからも
テクノロジーの力で
暮らしの
「当たり前」を
支えていきます。

PAGE TOP