社員紹介 Challengers

コンデンサとコイルを融合!新LCフィルターのプロセス設計に挑む プロセス技術 秋田 由香里 2003年入社 応用化学専攻

私がTDKを選んだ理由

大学では、無機化学を、大学院では、「結晶成長によるゼオライト膜の形成」というテーマでプロセス設計である化学工学を学びました。私は当時から、技術が製品などの形で結実し社会に活かされることを実感できる場に身を置きたいという思いを持っていました。

就職活動中、製品製造に直結しているプロセス技術が活かせる仕事をしたいと考え、その中でTDKは他社にない独自の素材をもち、プロセス技術が強みの会社ということを知り、入社を希望しました。

私の仕事

私の部門ではインダクタおよびEMC対策部品の開発を行っています。TDKは新しい素材を開発すると共に、小型化を得意とする積層工法を適用することで、あらゆるエレクトロニクス製品の省スペース化・小型化の要請に対応する電子デバイスを提案してきました。

現在では、複合素子にすることで、更なる小型化・高機能化を進めています。

私は高周波帯のノイズを除去するために携帯電話などに活用されるコンデンサとコイルを複合させたLCフィルターの製造プロセス開発に携わっています。

担当している業務は有機系塗料組成設計と量産プロセス設計です。新しい素材を電子デバイスとして製品化する場合、優れた製品性能を発揮し、さらには、低コスト・省エネルギーなどの観点から、最適な有機素材の選定・最適な工程設計を行います。

しかし、既存の設計を単純にアレンジするだけでは対応できないことが多々あり、常に新規素材・新規製造装置に対してアンテナを張っておく必要があります。こうした情報収集や検討によって、設計が可能となり、新製品の開発に貢献できるところがプロセス設計の面白みともいえます。

私のチャレンジ

将来的に開発される材料を製品化するにあたり、要求されるであろう物性を達成するためのプロセス設計にかかわりました。このプロセス設計の中で、新規製造装置の検討を担当しました。

具体的には、多くの製造装置からの選定、さらにその製造装置に適した条件の検討です。当時の検討の中で、新規製造装置により持たらされるメリット・デメリットの抽出を行ったことで、粉体物性が既存材料と大きく異なる新規材料に適用できる可能性が見えてきました。

私の夢

仕事の現場では、問題が生じて悩んでいる時間の方が圧倒的に長いものです。しかし、学生時代に得た基本的な知識・論理的に筋道を立てて事に臨むという方法論が仕事に活かされ乗り越えられることもあります。仕事をする上で、問題が解決し次のステップに進める瞬間の嬉しさ・自分の仕事が最先端の最終製品に結実し世に出るという実感がもっとも大きなモチベーションになっています。

自身が担当している業務はプロセス開発ですが、迅速な製品化のためには他部門のメンバーと連携をとることは必要不可欠です。

今後の希望として、プロセスだけではなく、素材の開発といった新しい分野に挑戦したいという気持ちも生まれました。当社では、部署が違っても、素材開発を担当しているメンバーなどとも気軽にコミュニケーションできるからでしょう。こうしたコミュニケーションによる刺激が、可能性、挑戦のフィールドをより大きく広げてくれるのだと思います。

オフタイムの過ごし方

学生時代は、ウィンタースポーツの経験がありませんでしたが、せっかく近くに雪山があるのだからとスノーボードをはじめました。最初は”転げ落ちる”という表現がぴったりでしたが、今では冬の間は週末になると外の天気を伺い、ボードを自分の車に載せて出かけるまでになりました。冬の間の私のスポーツジム代わりです。